どもる子供をもつ親が夏休みにできること(再掲載一部改編:初掲載は2014年7月22日)

今回は、どもりを持つ子供や親御さんが夏休みにできることを考えてみます。

★どもりについて親子でゆっくりと話し合う機会を持つ
 どもりを持つお子さんがいる家庭で夏休みにやってほしいことは、親子でどもりについてゆっくりと話し合うことです。

・・・といっても実はこれがいちばんの難関なのですが・・・
 授業中や友達との会話などで、「どもりによる恥ずかしい」・「屈辱的な経験」を繰り返してきた子供にとっては、
「どもりは恥ずかしいもの、あってはいけないもの」という考えがこころの中にこびりついています。

 そのような子供が自分のどもりについて話したがらないのはもちろんですが、親御さんも、どもりについて無関心か、あえて触れないことが多いのです。

 その背景には、「そのうちに治る、大きくなれば治る」などという根拠のない考えが巷にあることも影響しているのでしょうが、
自分の子供のどもりを「障害」と思いたくない親のこころが反映されているようにも思います。
*自分の子供が学校の授業中の発表や友達との会話でどもってしまい笑われたり自虐的に反応しているところを見れば(見ることができれば)考え方も違ってくるのでしょうが、その機会はまずないと思います。特に家庭では、お子さんはどもるところを極力隠しているはずです。(もちろん隠しきれないほどの重いどもりもあります。)

 お子さんの方から自分のどもりについての様々なことを気軽に話せるような家庭を作れれば、子供にとって家庭は唯一のくつろげる場所となるでしょう。

★セルフヘルプグループなどの行事に親子で参加してみる
 どもりのセルフヘルプグループでは、夏休みや冬休みなどにキャンプ形式でどもりについて考え話し合う行事があります。
こういう機会を利用してみるのも良いかと思います。
*同じ悩みを持つ子供や親御さんで友達になれればいろいろな情報も得られるでしょうし、何よりもこころが大きく救われます。

★どもりに精通している言語聴覚士や臨床心理士、精神科医などにかかってみる
 こう書きましたが、これがまた難関なのです。
*公的サポートの「大本山」は、埼玉の国立リハビリテーションセンターになるかと思います。

 どうしてかというと、お住まいの場所で、近隣で、誰が(どの病院が、大学が、研究機関などが)熱心に(こどものどもり、おとなのどもり)に取り組んでいるか?
 たとえわかったとしても、どのようにアクセスすれば良いかを調べることは大変難しいからです。
そもそも日本において、どもりに熱心に取り組んでいる施設や専門家がないに等しいことがその原因です。
*インターネットで検索してすぐ出てくる「どもりは治ります」などとうたった無資格どもり矯正所やそれに類するものは論外として。

 ネットなどを駆使して一生懸命にどもり研究者やどもりに取り組んでいる病院・言語聴覚士、またセルフヘルプグループで活躍されている方を見つけだして会いに行けば、「どもり問題の現状」を知る良い機会にはなるとは思います。
 つまり、医学的に原因が解明されていない、有効な治療方がない(わからない)現状に触れることとなします。
調べる過程で、インチキ情報がいかに多いかも知ることとなるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中