吃音:(結果として)うまくいくときも、うまくいかないときもある。でも、吃音を持ちながらの人生は耐えがたいことが多い。

 日常生活のコミュニケーションにも影響の出るようなある程度以上の重さのどもりを持った人(子供~大人)、または、傍からみてわからないくらいの軽いどもりでも、自殺を意識するほど(密かに)深刻なまでに悩んでいる場合・・・、
「どもること」を原因として、吃音者は子供の頃から実にいろいろな試練に遇います。

 例えば、学校(場合によっては幼稚園から)や職場で・・・、
 同級生や先生・同僚や上司からの陰湿なからかいやいじめ・パワハラ、
 就職や転職がなかなかできない、
 やっと入った職場での仕事に大きな支障が出る、などです。

 家庭においても、子供の頃から、どもりの悩みを家族に理解してもらえないこともあいまって次第にうつ状態となり・・・、学校や職場を休みがちになりついには引きこもりになることは、決してまれなことではありません。

 また、子供の頃から親にさえどもりの苦しみを理解してもらえなかったことや、それどころか、どもるたびに注意されたり怒られたりしたことから親に対する恨みの感情が芽生えてきて、成人してからもその感情が消えるどころか大きくなり、コントロールすることができずに(自分を責めて)苦しむこともよくあります。
*このブログ宛てに未公開の形で、そのような複雑な想いを送られてくることもあります。

 そのような状況に置かれているときに吃音者である我々が注意しなければいけないことは、
 ひとりでどもりについて考えるときも、セルフヘルプグループなどの集まりで話し合うときなども、「どもりながらも・・・結果的にうまくいった。」というケースのみを話し合ったり参考にしない、考えないことです。

 どもっている人が・・・「何々ができた」、「何かになれた」「何々を達成した」という話ばかりをしない、考えないことです。
*現実は努力してもうまくいかないことも多いのです。

 吃音者ごとに、重さや症状はもちろん、育った環境・いま生きている環境が違います。

 人生に支障が出るようなある程度以上の重さのどもりを持っていてもなんとか生きていけるように、身近に理解してくれる人がひとりでもいてくれる場合もあれば、近くに理解者がいなくて、ひとりで厳しい現実と戦っている場合もあります。
*吃音の実態を調査するのであれば、最低でも数百人、できれば千人規模、それも様々な年齢層、男女、職業も様々の、しっかりとした調査をしてほしいものです。

 どもりは、21世紀初頭の現在でも、原因もわからず、したがって確実な治療法もリハビリ方法もありません。

 どもりながらもうまくいく場合もあれば、うまくいかない場合もあります。「うまくいかないのは努力しないからだ!」などと決めつけないでください。
*現実は(軽い場合を除いて)、「どもったままでも、それを受け入れて生きていける」ほど甘くありませんし、その傾向はますます強まっていくでしょう。そういうアドバイスはかえって現実を生きる吃音者を苦しめることがほとんどでしょう。

 吃音者は100人いればそのどもりは百様です。どもりを持った人のバックグラウンドも百様です。
 悪い方向にも楽観的な方向にも偏った考え方をせずに、現実を踏まえて柔軟に生きていきましょう。

吃音:新年度のはじまりの時期に(再掲載一部改編:2012年4月2日)

 新年度の4月になり少し過ぎました。
 ただでさえ緊張して迎える新年度。
いろいろとつらい立場になったり、精神的に追い詰められているどもりを持った方が多くいらっしゃることと思います。

 私も就職できずに引きこもってしまったこの時期のことを屈辱感とともに鮮明に思い出します。
*この場合のどもりとは、日常生活(家庭内、学校、職場)のコミュニケーションにおいても支障が出るくらいの重さ・症状のどもりを指します。
*傍からは軽く見えても自分の人生に支障が出ていれば、それは重いどもりです。

★どもりの不安を持ったまま進級・進学した(できた)小・中・高校・専門・大学(院)生
★どもりをもちながらも自力でなんとか就職(就業)した(できた)新社会人
★コネをつかってでも、なんとか就職した(できた)新社会人
★結局どもりで就職できなかった(しなかった)人
★いろいろあった末に、結果として引きこもりか、引きこもりに近い状態や不登校、出社できない状態に陥っている人(小・中・高校・大学生、社会人、他)
★どもりを原因としていままでの仕事をやめることとなり失業中の人

 実にいろいろな立場に分かれてきます。
 さらには、経済的環境が恵まれているかどうか?、家族がどもりの苦しみに理解があるかどうか?によっても大きく変わって来ます。
 もちろん、どもりの重さの違いということは決定的に大きな要因です。

 事態が深刻な方ほど、孤独にならないことが重要です。
 家族、友人などにどもりで悩んでいることを隠さず話せることができれば良いのですが、そういう人がいない場合には、精神科医、臨床心理士などの心の専門家にかかって話を聞いてもらいましょう。
それだけでもだいぶ楽になりますし、もしもうつ的な症状が出ていれば投薬もしてもらえます。
*精神・神経科の病院にかかるコツは、個人病院よりも先生が複数いる中規模以上の病院が良いです。
*NHKが運営しているサイト「うつサポート情報室」がいろいろと参考になります。病院が見つからない場合は、全国の精神保健福祉センターに相談すれば良いのではと思います。

 すこし落ち着いたら、どもりのセルフヘルプグループの門たたき同じ悩みを持つ仲間を見つけて語り合いましょう。
そのなかで特に気の合う人を見つけて一緒に頑張ることもできます。

 心を落ち着かせてから、次のステップの進めば良いのです。どうか、腐らずに、少しずつ頑張ってください。
 日本中に、まだ見ぬ同じ悩みを持った仲間がいます。
それぞれにもがき苦しみながらも今日を生き抜こうとしています。

吃音:新学期を迎えた子供は(再掲載一部改編:初掲載は2012年4月9日)

 私は、いまごろの時期(3月から4月、特に桜の咲く時期)にはあまり良い思い出がありません。

★先生も替わるしクラスメイトも変わるので、また自己紹介をしなければいけない。

★健康診断では自分の名前を言わなければいけない。
(出席番号1番でクラスで最初に名前を聞かれる!)

★授業中にどもってしまい、新しい先生に「君どもりだね」という顔をされる。私のことを知らない新しいクラスメイトからは笑われる。

★高校受験では自分の名前がなかなか言えないような面接がイヤなので、面接のない公立高校一本で受験した。

★そして、大卒後の就職失敗とひきこもり

 いまの、小学生から高校生くらい、大学や専門学校で就職前後のどもりを持った皆さんはどうなのでしょうか?

★どもりで悩んだ末に不登校や引きこもり、うつ病などのこころの病気にならないように、気軽に相談できるカウンセラーや臨床心理士、精神科医などが身近にいますか?
*これは先進国の日本としては完備されていてあたりまえなのですが整っていません。

★自分のどもりの悩みを包み隠さず話せる親友も(ひとりでよいので)必要です。
*(言友会「げんゆうかい」に代表される)どもりのセルフヘルプグループなどにも参加して、どもりという同じ障害を持つ同じ世代の友をぜひ見つけてください。