吃音とこころのひずみ(再掲載一部改編:初掲載は2013年2月12日)

 子供の頃から日常生活のコミュニケーションに影響が出るくらいの、ある程度以上の重さのどもりを持っていて、まわりの人から真似をされたり笑われるような経験をくり返していると・・・、
次に発する言葉もまたどもるのではないか? という気持ちが常にこころのなかにあるような状態となります。
*表面に出ている(他人から見た)症状としてのどもりは軽くても、自分では悩んでいて生活に影響が出ている場合もあります。

 こんな毎日を送っていると、自分のこころのなかに「ひずみ」のようなものができてきます。
 私もそうでしたが、人によっては精神的に追い詰められて「うつ病」などのこころの病気になることもあります。
日常生活にも様々な悪影響が出てきて、学校に行きたくない、会社に行きたくない、人に会いたくないなどの状態になってきます。
*吃音者でなくても、学校や職場でいじめを受けている場合も同じような症状が出てくると思います。

 ものごころついた頃からどもっているある程度以上の重さのどもりを持っている人は、朝起きて家族との会話から始まって、学校や職場での朝の挨拶、授業や仕事での会話、発表、電話、会議、営業活動・・・、
つまり24時間常についてまわるのがこのどもりという障害なのです。

 こころにひずみが出てくる、日常生活の様々な部分に支障が出てくる、そしてこころの病気、場合によっては体の病気になる場合もあるでしょう。

 どもることにより過度に追い詰められたりしないように我々が出来ること(すべきこと)は ・・・、

★どもりの悩みをこころおきなく話せる友人を、一人で良いので、持つことです。
そして、可能ならば、仲間を複数作りどもりのセルフヘルプグループを結成し一緒に活動をすることです。(いきなり仲間は出来ませんから最初はどこかのセルフヘルプグループに参加するという方法か、ネットで仲間を募集するという方法もありますね。)

★悩みが高じてこころや体の病気にならないように、気軽に相談にのってもらえるような精神科医や臨床心理士を持つことです。

★難しいかもしれませんが、家族から(最低限の)理解を得られるように努力することです。(仲間から家族に説明してもらう方法もあります。)

★どもりで悩んでいても、いましていることを止めてしまったり今後したいことをあきらめないで、できることから少しずつやっていきましょう。
 例えば、引きこもりがちならば、ちょっとの時間でも近所に散歩に出るようにするとか、就職がなかなか出来ないならばボランティア活動からはじめてみる。または、言葉を使わないような簡単なアルバイトからはじめてみるなど、無理のない方法で階段を上がるように進めていくことが良いと思います。

吃音:3月、卒業の季節になると(再掲載一部改編:2015年3月15日)

 3月は卒業の時期です。
 道ばたで卒業式を終えた子供達を見かける時期です。

 どもりを持っている私はこの時期になると、子供の頃からのどもりにまつわるいろいろなことを思い出します。

 いちばんに思い出されるのは、「挨拶」や「返事」のことです。
 卒業証書をもらうにしても、名前を言われた直後に「はい!」と返事をしなくてはなりません。
*学校によっては壇上で、ひとりひとり何かメッセージを大きな声で言うようなこともあるらしいですが、私がその立場だったら卒業式は間違いなくずる休みでした。

 これが不安なんですね。「果たして言えるのだろうか?」「タイミング良く出てくるかどうか?」
*日常の出席を取るときもそうですが、この短い「はい」や自分の名前が出るかどうかをどの程度まで悩んでいるか? そして、実際、言葉が出ないことがあるかなどで、その人のどもりの重さや精神面の深刻度が測れるような気もします。
*何の因果か、どもりを持っている少年が生徒会長になってしまい、式典の壇上で言葉が出てこずとても恥ずかしい思いをし、その後も深刻なトラウマになっているということを聴いたことがあります。

 今年も今の時期、こんなことでひとり悩み、夜も眠れずにどうにかなってしまいそうな子供がいることでしょう。

 そんなときは間違っても、「死んでしまおう」なんて思わないでください。
迷わず「ずる休み」をしてください。
*ほんとうは子供が通っていることばの教室では、そのあたりまでしっかりとサポートできていないといけません。ことばの教室の先生と担任や親御さんとのやりとりはしっかりとできているのでしょうか?

吃音(ある程度より重い)で、授業中にふるえている少年少女や、就職を控え不安でいっぱいの人の心をなえさせないために(再掲載一部改編:初掲載は2010年7月13日)

 日本人は、(自分もそうですが)、今でもなお、がんばることが好きです。努力家です。
 今の時期(時代)に書くと否定的に聞こえるかもしれませんが、人生においてがんばることは大切で、昨日の自分よりも今日の自分は少しでも前に進もうという気持ちがないと、多くの場合人生が停滞してしまうでしょう。
*例外が福祉の領域だと思います。心や体に重い障害を持っている人に、障害を持っている部分で必要以上に「がんばることを求める」ことはもってのほかです。その人なりの得意分野で無理のないように徐々に社会参加ができるようにサポートすることが、国や自治体、そして近くにいる人たちの使命ではないでしょうか。

 さて、いつも書いているように、どもりには重いどもりと軽いどもりがあります。
 比較的軽いどもりの場合には、(そして、吃音者と家族やサポートする側とで相互に信頼関係がある場合は)、場合によってはあえて叱咤激励することにより「最初の一歩」を踏み出せるように手伝うことも考えられますが、重いどもりの場合にはそれが全く逆に作用することが多いでしょう。

 耐え難いようなどもりの悩みをを抱えながらも、こころの面、言語面において満足するサポートが得られないことが多い日本においては、孤立無援の状態で、無理をしてでも学校に通ったり就職活動もせざるを得ないのが現状です。
*本当にしんどい場合には無理をしようとしても足が向かなくなりますが、そこまで我慢したらたいていはうつ病などの心の病気になってしまいます。心の病気になると多くの時間を病気との闘いのためにとられてしまいますし、回復にはかなりの時間がかかります。

 いまは、世の中のいろいろな場面で「いきなりに限度を超えてしまって破滅的な結果に終わる場合」が多いようです。
 TVのニュースなどでは、毎日のように家族や会社内の人間関係からの凄惨な殺人などが報道されますが、以前だったら破壊的な結果になる前にご近所や親戚など近くの人が助けてくれたりなどの最低限の「安全装置」がありました。
いまは、それもなくなってきました。いきなり極端なことに至ってしまうのです。

 どもりについても、以前の日本では、学校を出てもどもりでなかなか就職ができなかったら、ご近所や親戚の紹介で就職することもできたでしょうし、都市近郊でも、いわゆる会社員のほかにも農業に従事したり家業を継ぐなどの方法もあり、それで生きていくことができました。

 しかし、今ではそういう選択肢もなくなってきました。
 たとえ、あったとしても「ジリ貧」になってしまいます。食べていけないのです。

 家族や友人間のコミュニケーションの量が減り質も落ちているので、どもりで本当に困っている人の苦しみや孤独感がまわりに伝わらないことが多く、精神的に追い詰められることが多いのではないかと思います。
*スマホなどでの見かけ上のコミュニケーションの量は飛躍的に増えているでしょうが、たわいのないやりとりばかりで、「他人にはなかなか言えないようなことをざっくばらんに話せるというレベルのコミュニケーションや人間関係」が減っているのです。

 いまこのときにも「自殺」することばかり考えているような、深刻に悩んでいる吃音者がどれくらいいるでしょうか?
 サポートする側は、悩んでいる人ほど孤独になるということを考えた上で動かなくてはいけません。

 ではどうすればよいでしょうか?
 吃音者がどもりのために自暴自棄になってしまうまえに、まわりの人ができることは・・・、

★身近にいるどもりを持っている人が、「もしかしたら、思い詰めていて自殺を考えるほど悩んでいるかもしれない」と考えてみること。
★進学、就職などの人生の節目においては特に、どもりを持っている人は100%悩んでいるという前提のもとに動くこと。

 まわりにいる人ができることは、「まずは、ひたすら吃音者の言葉を傾聴することにより信頼関係を築くこと」「そして共感すること」
「(信頼関係を築いた上で)、どうすれば良いかを一緒に考えること」です。

*どもりを原因としたうつ病経験者でもある私としては、うつにも同じような考え方ができるのではないかと思います。
 日本のうつ病に対する体制、短い診療時間と安易な薬の投与ではなかなか治らない。バブル崩壊以降、国民病といわれているうつ病に対する日本の取り組みの問題点がTV、新聞、雑誌等でたびたび取り上げられているにもかかわらず、一向に改善される気配すらないのには怒りすら覚えます。

家族の理解が得られない吃音者の現状(再掲載一部改編:初掲載は2014年11月5日)

 いまさら言うまでもないことかもしれませんが、どもりで困っている子供から大人までの方々は、その悩みを家族(親・兄弟・祖父母そして配偶者)にさえ理解してもらえずに、悩みながら人生を送っていることが多いのです。
*吃音者の集まりなどで良い歳をした大人が、子供の頃から家族にどもりの悩みを理解されずにいることを泣きながら訴える場に何回か遭遇しています。

 なぜ、なかなか理解されないかというと・・・、
★学校の授業ではかなりどもってしまい先生やクラスメイトに笑われたりいじめられたりしているのに、家族の前では話しやすいことばのみをを発すればよいのでそれほどどもらず軽く見える。

★大人の場合、たとえばお子さんの学校のPTAの電話で自分の名前が言えずに変な人に思われたり、PTAの集まりでも同様で、自分の名前も言えずに笑われたりします。

★職場では、電話で名前や会社名が言えずに(なかなか言えずに)顧客に笑われたり、それらのことで結果として仕事の流れに支障を来たし・・・、顧客から「担当を変えてくれ」といわれることもあり(私も経験者です)、ついには居づらくなりやめざるを得なくなることすらあります。

 吃音者はこのような状況に置かれているのです。
*困っている度合いは、重さや症状の違いによりかなり大きく変わります。

 しかし、「子供の頃からどもることによってどれほど苦労してきたか」をほんとうに理解してくれている家族は、まず、いない、というのが本当のところなのではないでしょうか。
寂しく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが現実はそんなものです。
*日常の何気ない会話でも常に大きくどもるようなどもりの方は家族の理解を得られているということではありません。しかし、問題の本質がより深刻であることは間違いありません。

 結局、現状では、自分の身は自分で守るしかありません。
*家族から理解されるどころか、「それほど重いどもりでもないのに何を甘えたことを言ってるんだ!」と、怒られてしまうくらいなのが、よくある光景です。

 それでは、理解を得られないなかで吃音者はどうしたらよいのでしょうか?
 わかってもらえない家族に対してどもりで困っていることや苦しさを執拗に訴えてみても不毛な応酬が続くだけで、かえって自分の心が疲れるだけですし、形だけでも均衡が保たれてきた家庭内の人間関係が悪化するだけで生産的ではありません。

そのような場合は、(寂しいことですが)、家族に理解されることを期待しないで発想を転換しましょう。
 たとえば、どもりのセルフヘルプグループに参加して、自分の悩みをわかってくれる人の前で気持ちをはき出せる環境を作ることです。
それだけでも精神的に大きく救われるでしょう。
 グループのなかで特に気の合う人ができれば、さらに深く語り合うのもよいでしょう。

 また、日常的に気軽にかかれる、なんでも話せる精神科医、臨床心理士、言語聴覚士がみつかればすばらしいことです。
 そうすることでなによりも自分が救われるし、結果的に家族との(表面的な関係も)悪化せずにすみます。

 しかし、家庭内、学校、職場で、ことばによる虐待、暴力、パワハラを受けている場合は話が全く違ってきます。
 いろいろな公的・私的機関に相談して(児童相談所、警察など、法テラス、弁護士会など)しかるべき手を打ちましょう。自分を守ってください。

(参考):吃音(になったの)は自分の責任ではないので「スミマセン」はいらない。卑屈にならないで!(2014年10月1日)

吃音の重さと就職について(再掲載一部改編) (1、現状認識 初掲載は2013年12月16日) (2、 自分に合った長続きする仕事を 初掲載は2014年7月14日)

1、「現状認識」

「どもりの重さと就職の問題」
 これは、(ある程度より重い)どもりを持っている人にとっては最大のテーマです。
*「就職時になってはじめて悩んだ」ということではなく小学生の頃からという方が多数派ですが、なかには、就職時や仕事に就いてからどもりの問題が顕在化し人生上の困難に遭遇する方もいらっしゃいます。
*「どもっている方が手術や投薬で嘘のように治る」のは、かなり遠い未来にしか期待できないでしょう。
*ここでいう「ある程度より重い」とは、日常生活や学校生活・職場において、ことばによるコミュニケーションに明らかな支障がでることです。また、傍から見てわからないくらいのどもりでも、本人がそれで悩み生活に支障が出ている場合も、ある程度より重いどもりです。

 仕事と言っても、民間企業(営業、事務、技術者、生産現場)、国家・地方公務員(キャリア、ノンキャリア、文科系、技術系)、農林水産業(小規模、大規模「会社組織・NPO])、医療・福祉系の各種仕事・・・、そして自営業、など、挙げていけばきりがありません。

 現実的に考えるときに、多くは民間の会社組織に就職します。
 そして、就職活動中や仕事に就いてから、ある程度以上の重さの吃音者は多くは、大きな困難に遭遇します。
 しかし、その苦しみを誰にも理解されることもなく、孤独の戦いを続けているのです。

 少なからぬ人が耐えきれないようなどもりの辛さから仕事が続かなくなったり、無理して続けたことによってうつ病などの心の病となり、さらに厳しい状況に追い詰められることも希ではありません。
*ここ数年、生きるか死ぬかという、かなり切羽詰まった状況で当ブログまで非公開の形で直接アクセスしてくる例が増えてきています。子供の頃からの、ことばの教室から始まる公的なサポートやセルフヘルプグループの活動がうまく機能していないことを実感しています。

続きます。

****************************
****************************

2、「 自分に合った長続きする仕事を」

 今回は、いまの社会情勢を踏まえながら・・・、どのように(な)仕事に就けば、ある程度以上の重さのどもりを持った人の仕事が大きな破綻なく長続きし、かつ、少しでも働くことに喜びを見いだすことができるかを考えます。
*「ある程度以上の重さのどもり」とは、第三者から見た重さだけを言っているのではありません。客観的に見て軽いどもりでも、本人がそれを気にして生活に支障が出ている場合も含みます。

★会社のブランドは関係ない?
 「会社の名前」は吃音者にとっては関係ありません。
*高度成長やバブルの崩壊くらいまで(90年代はじめまで)は、日本の企業にもそれなりの余裕があったので、仕事の能力の足りないコネで入ったような社員を抱えておくだけの余裕がありました。
 これは吃音者だけではなくて障害のない一般の方にも言えることですが、仕事に関する能力があり大きな無理をしないで「いわゆる有名企業」に入れるような方は別ですが、普通の能力の吃音者が無理をして有力者のコネで就職しても自分を苦しめるだけです。リストラ予備軍にされるくらいなものです。

 いまや企業の定年も形だけのものになりつつあります。
 実際には事実上の肩たたきが意外に早く始まり、関連会社に早めに行かされるなどは、あたりまえのことです。
*それでもなんとか定年までつとまれば幸運な方でしょう。

 そういう厳しい現実を踏まえないと、どもりを持った人の仕事や就職にについては語れません。

★たとえ収入は少なくても、個人の良い面を少しでも認めてもらえるような(ある程度以上の重さの)吃音者が長続きしそうな仕事(職業)を選ぶ。

 吃音者が、一般企業、特に営業系や事務系に就職すると「大変なこと」になる可能性があります。
もちろん、リスクを覚悟した上であえてチャレンジしようという柔軟な考え方ならば「若い頃の失敗も次のための糧」にはなりますが、安定を求めて就職しても、それがなかなか実現できないのが今です。

 あたりまえですが、事務系や営業系の仕事は、電話や面と向かってのことばによるビジネス上のコミュニケーションの繰り返しです。
 それが苦手な吃音者がいきなり企業の第一線に出た場合の苦しさは経験者でないとわかりません。

 それでも、将来、事務系や営業系の仕事に就きたいのならば、学生時代から一般の企業等でオフィスワーク(の補助を)をするようなアルバイトをこなしてみれば(こなそうとしてみれば)良いと思います。
 応募の段階でどもりを理由に門前払いされるか、採用することはされたがやはり通用しなかったということもありますし、逆に、入ってみたら、結構通用して自信を持つことができたという場合もあり得ます。

 「仕事」は都市部の会社だけではありません。
 学生だったら、そうでなくても若干の余裕があれば、遊ぶ時間を割いてでも早い段階から、いろいろな職業、公務員、民間企業(事務系、営業系、技術系)、農・林・漁業、福祉、NPO、NGOなどいろいろな仕事を垣間見られるような、また疑似体験できるようなアルバイト等をしていけば、自分にはどのような職業があっているか(やって行けそうか)を見つけられると思います。