小学生のこどもに自殺を考えさせるほどの吃音のつらさとは(再掲載一部改編:初掲載は2012年5月27日)

 今回のテーマ「小学生のこどもに自殺を考えさせるほどの吃音のつらさとは」は、ちょっと刺激的ですが、どもりでない方やどもりの子供を持つ親御さんを脅かすためのではありません。

 どもりのセルフヘルプグループに参加して(グループを結成して)吃音者どうしで仲良くなってしばらくして、飲み会などをしたときの「本音トーク」では出てくる話です。(親の前、学校の友達の前、学校の先生の前では決して言わなかった話です。)
*幼稚園の頃から悩んでいて自殺を考えていた、という女子大生に会ったときには、さすがに驚いたものです。

 例えば小学生のどもりを持った子が毎日の学校生活のなかで・・・、
休み時間に友達と話すときも授業中に発表するときにも、すべての状況で「これから発することばはどもるだろうか?」と恐怖を感じ、
実際にことばに出そうとしても最初のことばが出てこなかったり「どもりどもりのことば」が断片的にしか出てこなかったら・・・

 クラスメイトや先生の視線や反応(笑い・からかい)も含めて、こんなことが日常だったら、子供の小さな心はどうなるでしょう?

 こんな経験をした子が、誰にも言えなかったこころの中に突き刺さったとげを、大人になってからなんでも話せる同じ悩みを持つ仲間をもってはじめて言えるようになるのです。
*本当は困っていたそのときに「自分はどもりで自殺を考えるほど悩んでいるんだ!」と言える環境(言語聴覚士、精神科医などの専門家、学校の先生、親、誰でもかまいません)がないといけません。
これからはそういうふうにしていかなければいけません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中