大きく悩む吃音者の背後に見え隠れする「機能不全家族」 (定期的に再掲載、初掲載は2008年1月27日)

 「私がどもりになったのは劣悪な家庭環境で育ったからだ!」というような文章を目にすることがありますが、近頃は どもりになる原因(どもり始める原因)は、人間の発達途上での中枢神経系の何らかのトラブルらしいということが言われています。
*先日も書きましたが(2013年2月20日)、アメリカが国家プロジェクトとして行なう「脳活動マップ計画」という10年がかりの巨大プロジェクトにより、どもりの原因に一歩迫れるかもしれませんね。

 そうはいっても、何かのきっかけで始まったどもりが、うつ病などのこころの病気を併発したり、また、不登校や引きこもりになるなどの深刻なものに推移していくかどうかは、幼少期から思春期までの家庭環境や学校環境に大きく左右されることは間違いないでしょう。
*「個人の気持ちの持ちよう」も大きな要素ですが、子供のころの環境は、子供自身の努力の枠を超えています。

 さて、最近、「機能不全家族」という言葉がよく使われるようになってきました。*心理学にも「家族心理学」という分野ができています。

 よく言われる「アダルトチルドレン」を生み出すような家庭が「機能不全家族」ということになるのでしょう。

 親が酒を飲んで暴れる、毎日のように夫婦喧嘩を繰り返している、必要以上の権威主義、家族間の無関心、過剰なまでの親の子供への介入など・・・、
 もちろん、我が子のどもりについての「無関心」、「どもる度に怒る」、「どもる度に言い直しをさせる、ゆっくり言いなさいと神経質に注意する」などもその類ですね。

 近所からみると「立派な両親が揃っていて、豪華な家もあり・・・」、
 でも、「なんでも揃っているが、何もない空っぽの家庭・・・」というセリフが出てきそうな家族や家族関係のことです。
 近所から見ても、明らかに異常な家庭もいくらでもあるでしょう。

 どもりをもった子供に接するときは、その背景、特に「家庭環境はどうか。親は協力的か」、「学校でのいじめはないか。先生は協力的か」などをきちんと調べていかないと、トンチンカンなアドバイスをしてしまう可能性があります。
*親殺し子殺しの事件が起きたときに「自治体の児童相談所の職員の会見」がテレビで流れます。その多くはお役人のおきまりのことばで「これじゃ防げないよね」思ってしまいます。
冷静に考えるとスタッフの量も質も足りていないことが明白でしょう。
しかし、「少ない予算と人数で頑張っている」などというのは言い訳にもなりません。体制を大幅に強化して、強制力も持たせて、問題のある家庭には早期に極力に介入できるようにしなければなりません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中