吃音は発達段階ごとのケアが必要です(本当の勝負は社会人になる頃から)(たびたび再掲載、一部改編:初掲載は2007年10月25日)

★幼少期に肯定的な環境下で育つことの重要性
 家庭では、子供の頃からどもるたびに「落ち着いてゆっくりしゃべりなさい」と注意されたり、言い直しさせられたりしていた。また、両親のけんかが絶えないような「否定的な家庭環境」で育てられた場合と、
 家庭内に笑いがあるおおらかな環境で、どもりながらでも気兼ねなくしゃべることのできる環境で育った場合では、「どもることに対する耐性」に大きな差がつくことは明らかです。(実際には後者のような家庭はきわめて少ないようです。)

 自閉症などと同様に、どもりになる直接の原因(どもり出す原因)は親の育て方や家庭環境にはありませんが、劣悪な家庭環境下に置かれると始まったどもりを固定化させたり悪化させることは間違いないでしょう。
*どもりをもったお子さんを持つ親御さんはその点を肝に銘じるべきです。(腫れ物に触るように甘やかして育てるということではありません)

★しかし、事情は常に変化します
 通う学校・職場の環境によってはどもりの症状が(結果的に)あまり出ないで、比較的スムーズに学業や仕事が遂行できていたとしても、転勤や転職、転校などで違う環境に入ったときに、これが同じ自分かと思うほど症状が悪くなったりぶり返すことがあります。
 学生はどもりで学校を首になることはありませんが、社会人の場合はやめざるを得ない状態に追い詰められることもよくあります。
 いろいろな考え方はありますが、「ことばの具合が悪い」よりも「よい」ほうが、日々の生活をすごしやすいのは間違いありません。

★本当の勝負は社会人になってから
 学生のうちにどもりの悩みを自分だけではもちきれなくなり、カウンセラーや精神科医、運が良ければ知識と理解のある言語聴覚士などにかかったり、どもりのセルフヘルプグループに入るなどして自分なりに心の整理ができたり、それらのことが功を奏して結果としてそれなりに改善されたとしても、「本当の勝負」は社会人になってからです。
 それは学生時代のように、しゃべることから逃げることができなくなるからです。でも、なぜか、公的なサポートは思春期以前で終わっています。

★グループや集まりの雰囲気にのまれる
 勇気を持って高い敷居を超えてどもりのセルフヘルプグループの集まりに参加して、どんなに気勢を上げて盛り上がってみても、自宅に帰りいつもの生活環境に戻れば、どもりについてはひとりぼっちの状態になります。

 普段の環境(家庭・職場・学校)にどもりに対する理解者がひとりでもいればそれは大きな助けになりますが、理解者が身近にいない場合にはとても辛いものです。
 毎週のように気軽に集まれて心おきなく話せるサロン的なグループがあるか、ない場合にはネットなどでつながりを確認できる環境を構築しておくだけでも吃音者の心は大きく違ってくるでしょう。

★どもりについて決めつけないことが大切(アドバイスする側の専門家が自分の方法論に固執しないこと)
 どもりは未だにその原因がわかっていません。今後もしばらくの間は同じような状況が続き、投薬や手術による確実な治療法や確実なリハビリ法が開発されることもないでしょう。
 したがって、「専門家」といわれる人の間でもいろいろな考えかたが存在します。

 「どもりのままでよい」という考えかたや、「少しでもどもりを軽減してあげれば自信がついてさら良い方向に進む」、そのほかにもいろいろな考え方があります。
アドバイスする側は常に「自分と違う考え方・方法」についても頭の中に入れて対応する必要があります。
 専門家自身が、たとえ気が進まなくても、自分の考えとは違う多様な選択肢があることを冷静に説明すべきです。(判断するのは吃音者自身です)
 これはとても重要なことです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中