吃音(どもり)と就職・仕事、家族関係(その2)

重さや症状の違いが家族関係、学校や職場での人間関係にもたらすもの

 どもり(吃音)と言っても実にいろいろです。
 第三者からみてどもりとはわからないようなごく軽いものから、日常の何気ない会話でも発する言葉がことごとくどもるような重いものまであります。
*客観的な症状が軽いから問題がない・少ないということではありません。

 症状も、言葉の出だしがなかなか出ないもの、同じ言葉を繰り返すもの、それらが混ざったものなど百人百様です。早口な人もいればゆっくり話す人もいます。

 吃音者の性格も実にいろいろです。明るく積極的(に見える)人から常にうつむき気味で消極的に見える人や怒りっぽい人など、どもらない人と同じようにいろいろです。

 そのような吃音者が、友人のなかで、また、家庭・学校・職場など様々な場所でいろいろな人と関わるときに、どもりがどの様な悪さをするか考えてみます。

★家庭内でのなんとも言えない気まずさと、外の世界に出たときとのギャップで悩む

 何気ない会話でも大きくどもり意思疎通に大きな支障が出るようなどもり(もちろんこちらの方が深刻な問題です)ではない比較的軽いどもりの場合には、家庭内では最小限の言葉で意思疎通ができることもあり、表面的な生活には大きな支障が出ないことが多いのです。
*しかし、比較的軽いどもりで、家族からその苦労(家の中と外の世界での苦労の大きなギャップを)理解されないことによるストレスが吃音者のこころに大きな悪さをするのです。

 一方、学校や職場など外の世界ではそうはいきません。
 仕事では毎日のように違う人に会い、自分の名前、会社名、自分の立場などを説明し相手にわかってもらうための言葉が必要ですが、名前すらなかなか出てこない様な状況でこの競争社会を生き抜いていくことの大変さは、どもりでない人には理解できないでしょう。

 学校ではクラスという閉ざされた世界で、また、固定されたクラスメイトのなかで、毎日、本を読まされたり発表したりという吃音者にとって苦手で苦しいことの繰り返しを求められます。
今どきの陰湿ないじめやからかいに耐えながらの学校生活はどれほど苦しいものとなっているのでしょうか?

 そのような吃音者が外の世界で経験する苦労や苦痛を家に帰って説明しようとしても、「おまえはそんなに重いどもりじゃない! 甘えている、もっと苦労している人はいる!」と言われてしまうのがせきのやまです。こころを休めるべき家庭でさらにストレスが増えてしまいます。

★職場や学校は普通に話せてあたりまえの世界

 学校や職場などの外の世界では、より、普通に話せることを求められます。期待されます。
*職場では仕事ができないと次第に居づらくなってきて、最終的にはやめざるを得ません。

 何か買い物をしようとして行ったショッピングセンターは、店員さんと普通に話せてあたりまえのところです。

*実は毎日の生活の中で、学校や職場に行くために駅で電車に乗り、街を歩きなどしていると、足の悪い人、目の不自由な人など障害のある人に多くすれ違っています。しかし、自分や自分の身近な人が病気になったり障害を持ってはじめて、それらの人をしっかりと認識できるようになり障害や病気について真剣に考えることができるようになります。いまや、ふたりにひとりがガンになると言われていますが、それでも自分や身内がならないと身近には思えないでしょう。

 その普通に話せてあたりまえの世界では、(比較的軽い吃音者は)普通に話せることを求められ(と吃音者自身で思い込んでしまって)て、結果としてどもらない人では想像もできないような精神的な重圧を背負って毎日をなんとか生きている人がかなりいるのです。

 社会人の仕事は「もうけてナンボ(特に民間企業)」ですし、ましてやいまの厳しい世の中では、それぞれ自分の仕事で精一杯です。

 職場ではたとえ同僚がどもっていても自分やチームの仕事に支障が出なければ、そこがまともな職場ならばいじめやからかいを受けることは少ないでしょうが、少しでも仕事に支障が出てくるとどもっている人が非難されることも多いと思います。
 顧客からは担当を変えてくれと言われることもあります。(私がそうでした)これが現実です。

 そのような人が救いを求めて、高い敷居をまたいで、やっとの思いで参加したどもりのセルフヘルプグループでは吃音者仲間と出会いこころが救われ勇気が出ることが多いのですが、「苦労の末に治った・良くなったという先輩」から、思わぬ心ない言葉を浴びせられてかえって落ちこんでしまうことすらあります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中