吃音:うつ病に対しての認知行動療法

 今回は直接のどもりの話題ではありません。
 本日の読売新聞オンラインのトップに、「認知行動療法の体制不十分…行政・医療7割悩み」というのがあります。
**読売新聞オンラインより**
うつ病などに効果があり、薬偏重の精神科治療を改める役割も期待される「認知行動療法」について、行政機関の72%、医療機関の76%が、患者のニーズに十分対応できていないと考えていることが、国立精神・神経医療研究センター(東京)の全国調査で分かった。 認知行動療法は、カウンセリングなどを通じて、過剰なストレスを招く患者の考え方や行動の癖を修正し、問題解決を手助けする治療法。うつ病に対しては保険診療が認められるが、習熟した医師が1回あたり30分以上行う必要がある。
**ここまで**

 うつ病患者に対して薬を投与することに頼っている日本の医療ですが、丁寧なカウンセリングによる認知行動療法により対処していくという、ある意味当たり前の対処がなされていない(できない)日本のお寒い現状が書かれています。

 このブログでは以前にも何回かうつ病について書いています。
*私も経験しましたので。

 何年か前でしたか、NHKのクローズアップ現代でも、うつ病の患者に対しての認知行動療法の特集を放映していました。
日本でも一部の医療機関では医師や臨床心理士が丁寧なカウンセリングを行い認知行動療法が行なわれているとのことで、確か都内の病院の例が紹介されていました。

 しかし、カウンセリングには十分な保険の点数が課されないということで、丁寧にやればやるほど病院の経営が苦しくなるという根本的な問題があります。
 この問題が是正されていないのでしょう。

 どもりの問題も同じような背景から、いや、社会的にその深刻さが認知されていない分さらに、病院でのカウンセリングや言語訓練がいつまでたっても本格的に始まらないのだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中