吃音:いまの自分が少年の頃の自分にアドバイスできるとしたら(その1) (再掲載一部改編:2014年10月29日)

 以前にも同じような内容で書いたことがあります。
(2012年12月10日掲載:吃音:15歳くらいの子供の頃の自分に、いまの自分がアドバイスできるとすれば

 2015年、いまの日本で歯医者に通うような気軽な感覚で通える、どもりで悩んでいる子供が継続的に通えるどもりの臨床に通じた専門家が常駐する施設は(事実上)ないという現実を踏まえたうえで、あえて「妄想」のようなことを書いてみます。
*たまたま、学校の「ことばの教室の先生」が熱心にどもりに取り組んでくれているとか、たまたま、日本には数少ないどもりに取り組んでいる専門施設(大学など)が通える範囲にあってというのは考えないこととします。国内どこに住んでいても同じようなサービスが受けられるというのが基本だからです。

 さて、どもりはじめた子供の頃からたいへんな苦労をして、学生生活、就職など人生の節目をなんとか超えてきたきたいまの自分が、吃音者を取り巻くいまの社会の状況では、
過去の(少年時代の)自分にとってのいちばんの先生であり、カウンセラーになると思います。

 が・・・、悲しいかな、タイムマシンがないので、少年の頃の自分に会いに行って助けることはできません。
*たとえあったとしても、いまの自分が過去の自分には会えないとか?

★まわり(家族、友達)に気を使う前に自分のことを第一に考えて自分を守ろう
 心優しい人が多いどもりを持つ子供。(気が弱くなってしまっているといった方が正確でしょう。)
 家族には自分のどもるところを見せたくないので、どもりそうなことばは避けてというよりも、できるだけ話さないようにすれば、どもる機会も減るのでそのようにしている人も多いでしょう。

 また、家のなかでどもると、家族(親兄弟、祖父母)から・・・、
「ゆっくりしゃべりなさい」、「落ち着いて話しなさい」などの注意を受けたり言い直しをさせられる、  
 場合によっては家族からですら、笑われる、バカにされる、などの状況におかれている人も少なくはないでしょう。

 そうです、まずは自分を守りましょう、
 もしも家庭の中が、どもりを持った自分が居づらいようなところだったら・・・、学校の先生(少ないかな?)、親戚など、信頼できる自分のどもりのことをなんでも話せる大人がいればその人に相談するのも良いだろうし、
「そんな人はいない!」ということだったら、勇気を持って「チャイルドライン」などの相談電話にかけてみてください。(どもっても大丈夫、聞いてくれます)
 各地にある児童相談所に電話をしたり直接行っても良いと思います。

★同じ悩みを話し合える、共有できる友達を作る
 これが一番大切なことかもしれません。悩んでいることを気を使うことなくなんでも話せる友達がいることは何よりも大切なことです。
*実際には、どもりを持っている子供で、こういう友達を持っている人はほとんどいないでしょう。

「言友会(げんゆうかい)などの「どもりのセルフヘルプグループ」が主催する子供向けの催しなどに参加して、同じくらいの年齢のどもりの友達を見つけてください。
 たとえ近くに住んでいなくても、一度、直接会うことができよく話しておけば、あとはネットでも話し合えますね。 (続きはそのうちに書きます。)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中