吃音:心を開く(再掲載一部改編:初掲載は2013年12月27日)

 どもりを持っていて(それも、日常生活や学校生活、仕事上でも明らかな支障が出るくらいの)どもりの場合・・・、
または、第三者から見てなかなか気づかない軽いどもりでも、そのどもりを気にして日常生活に支障が出て精神的にギリギリの生活を送っている場合・・・、

 このような場合には吃音者のこころは次第に追い込まれていき、場合によってはうつ病などの心の病にかかり苦しむことも希ではありません。
*私もそうでした。

 学校に通っていた子供は次第に休みがちとなり、ついには引きこもりになります。
 会社に通っていた人はどもることにより業務に支障が出てきても(学生時代とは違い責任もあるので)ぎりぎりまではがんばりますが、そのがんばりが災いしてほんとうにギリギリまで無理して、気がついたときには重いうつ病になっていることも希ではありません。
*これくらいになると多くの場合自殺を考えます。私もそうでしたが、「死んだ方が楽」などと、狭いほうばかりに考えを巡らし自分を追い込んでしまいます。

 もしも、いま、これを読んでいる方でそういう状態にある方がいらっしゃったら、そうなりそうだったら、いや、そこまで追い込まれる前に・・・、
少しずつで良いので「自分の心を開く」ことをしてみてください。

 自分の(どもりやどもりにまつわる悩み)を隠さず話せる(聞いてくれる)友達いればいいのですが、実際にはなかなかいないでしょう。
 どもりのセルフヘルプグループに通えば見つかるかもしれませんが、パニック状態かそれに近い緊急事態では、その前に、精神科や神経科などのこころの専門家にかかって医者や臨床心理士に自分のことを話して少しでも楽になってください。
 セルフヘルプグループはそれからでも同時にでも通えば良いと思います。

 どこの医者にかかったら良いかわからないという場合には県にある「精神保健福祉センター」に相談しましょう。
少しでも楽になったところで、次のことを考えれば良いのではないでしょうか?

 こころが固くなっていると良い考えも浮かびません。
固いこころでは、自殺などというしてはいけない取り返しのつかないことを考えてしまいがちです。

 まずは自分のこころを少しでも解放していくために、自分のことを聞いてもらう環境を作りましょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中