こどものどもり

 小学生くらいのこどもにとっては、自分がどもることを自覚して(させられて)からの日々はほんとうに辛いものとなり得ます。

*文章にするとあっさりしたものですが、私自身こどもの頃を振り返ってみますと、自分でどもりを意識しはじめた小学校3年くらいからは授業時間が針のむしろに座らされているようでした。私の場合、調子の良いときはかなり「普通」に話せることもあったのですが、調子の悪いときとの落差も災いしてか、どもりの症状以上にメンタルな意味で重いどもりとなり、その後の人生に長く陰を落とし続けました。

 こどもの世界ですから、悪意はないにしても、容赦ないからかいや冷やかしの世界に放り込まれます。
 たとえば・・・、
★どもることを真似される、
★授業中に発言しようとするときに「どもるなよ」などと冷やかされる・・・、
 などです。

*こどもに、「そのようなことはやめろ!」といったとしても無駄でしょう。
*残念ながら、冷やかす先生の存在もゼロではないことを考えておくべきです。

 どもりを持つこどもの親御さんは、学校で陰湿ないじめにあっていないかを(その可能性を考えながら)常に注意してください。
しかし、こどもと接するときはおおらかに接してください。

 理想的な形は、せめて家庭内では、どもることやどもりが故の失敗談をこどもの方から話せたりフランクに話し合える環境です。
こどもがおおらかにどもりながら話せる雰囲気ということも大切です。

 その上で、
★日常的に通える範囲で、どもりに精通している言語聴覚士が常駐しているようなこども向けの公的な施設があるかどうか?
★小中学校で行われている、ことばの教室、
★付近の大学や大病院でこどものどもりを扱っているところがあるかどうか
 などについて詳しく調べてみて、対処してください。

*どもりのセルフヘルプグループが主催する勉強会や親子で参加できるキャンプにも参加すると良いでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中