吃音者が黙ってしまう背景(再掲載一部改編2013年11月22日)

 どもりで悩んでいる人が自分の悩みや困っていることを家族を含む誰かにうったえずに黙ってしまう、あきらめてしまう背景には・・・、

★学校で授業中に指名されても、どもってまともに答えることができない

★先生から指名されてひとりでする教科書の音読がどもってできないか、できにくい

 こんな毎日を繰り返すうちにうつ状態になりがんばろうという気力が出なくなってきます。
学校に行くのが怖くなり、たまに休むようになり、ついには引きこもってしまいます。

 職場では(就職できるまでにかなり大きな壁がありますが、たとえ有力者の「コネ」で就職できたとしても)、

★かかってくる電話をとっても、自分の会社名「○○会社です」が言えないか、なかなか出てこない。

★顧客を訪問するためのアポをとる電話をすることができない。思い切ってかけても自分の会社名や名前が言えないか、なかなか出てこないか、どもり特有の大きなつっかえになってしまい大笑いされる。(電話をしている先方よりも、むしろ、同じ部屋で自分の電話を聞いている同僚に)そして、同僚や上司が気になり、外に出て公園などで携帯を使って電話をするが、それでもどもってしまう。

★訪問先の入口で内線電話やインターホーンで担当者を呼び出す際には大きくどもってしまい要領を得ない。

 こんな毎日を繰り返していれば、次第にうつ状態となり、職場に足が向かなくなります。
 さらに唯一の安らぎの場であるべき家庭でも家族の理解が得られず批判されたり怒られてしまっては、生きる場所がありません。

*こういう仕事のしかたを想定をすること自体「比較的軽いどもり」を考えて書いているのであって、ほんとうに重いどもりを持っている場合は、オフィスでの事務系の仕事や営業系の仕事は事実上無理でしょう。また、これらの仕事ができるかできないかくらいの「ボーダーライン上にいるくらいの重さや症状の吃音者」は、ある意味ではいちばん辛いのかもしれません。

 現実には症状の重い人ほど、客観的には軽く見えても悩んで精神的に追い込まれている人ほど引きこもりがちになり、誰にも本心を明かせずに現実の辛さや重さの前に「あきらめて」しまう。

 いままで書いてきたことは特別な事例ではありません。ごく普通にいる吃音者です。
こういうようなどもりをもって悩んでいる人をサポートするならば・・・、

★心理カウンセリング(または、希望があれば言語的な訓練も)は、月に1回とかいう頻度ではなくて、最低でも週に1回はコンスタントに行わないと効果は出ないでしょう(特に通い始めてからしばらくは)。
それらに通う環境も、学校帰りや会社帰り、また、土曜・日曜などの(利用者にとって)都合にいい時間帯に気軽に通えて1時間程度じっくりと話を聞いてもらえる環境が必要です。(保険適用で)それも、学識と人生経験豊富な専門家に・・・、

★家庭や職場の人間関係に問題がある場合やいじめにあっている場合には、自分が属している学校や職場から独立した立場のソーシャルワーカーなどが親身に相談に乗ってくれる。

★そのうえで、どもりのセルフヘルプグループに参加して、メンバーのなかから親友をひとりで良いので見つけることができれば、少なくとも精神的には大きく救われることでしょう。

 しかし、そういう状況にはないのがいまの日本です。
 これで、世界有数の先進国というのだから笑ってしまいます。(国民病とまで言われているうつ病についても同様なことが言えるのではないでしょうか?)
 このような現実のなかで、いま悩んでいる吃音者は、あきらめてしまったり語らなくなってしまうのです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中