吃音をもった小・中学生は「ことばの教室」等でのサポートをきちんと受けることができているのか? (再掲載一部改編:初掲載は2009年3月6日)

 2~3歳に始まることの多いと言われるどもりですが、小学校に入ると受けることができるとされている「ことばの教室」(通級による特別支援教室・授業)を、日本全国にいるどもりを持つ児童・生徒が十分な質を担保されて受けることができているのでしょうか?

 その際に重要なのは、「一部の学校や先生が吃音に熱心に取組んでいる」というのではダメで、「日本中どこに住んでいても、困っている吃音者が同じように質の高いサービスを受けられる」ことが必要です。
親の付き添いが必要ならば、いまでは夫婦共働きが多いので、平日の夕方以降か、土・日・祭日に利用できるようにすることが求められます。(当たり前ですね)
*要するに、「お役所仕事」になってはいませんか?ということなのです。競争の存在する民間企業でしたら、休日出勤・残業してでもクライアントのためにできる限りのことをします。

 どうして「ことばの教室」にこだわるかと言えば、どもりだしてからあまり時がたたないうちに適切なカウンセリングや言語訓練・治療を、また、必要に応じて親などの家族へのカウンセリングや指導を行なった方が良い方向に向かうことが多いと考えられるからです。
*どもりに限らず、人生すべからく、早めに適切に対処するほど良い結果がでます。

 しかし、実際には(現状は)・・・、
★どもりを持っている子供本人が、親や先生に自分のどもり(症状やどもりによる心の悩み)を極力隠そうとするので、悩んでいることが伝わらずに「ことばの教室」を紹介してもらえない。
*どもりを隠そうとする背景には、社会で「どもりはいけない、恥ずかしいもの」、家族では「自分の子供がどもっていることを隠したい」ということがあり、子供の心を傷つけている場合があります。

★学校の担任の先生にどもりに対する正しい知識がなく、場合によっては関心も乏しいことが多いために、「教え子がどもりで悩んでいること」を理解できず、積極的に動かない。

★同級生からからかわれたり、陰に陽にいじめられることが多い。それどころか、どもることをからかう先生が少なからずいることもブログ等で散見されます。(私も経験者です)
*いじめの問題が表面化したときに、「先生も事実を知っていながら放置した、また、イジメに加わっていた」ということも報道されることがあります。

★ことばの教室には通えているが、専門家(言語聴覚士、臨床心理士、精神科医、臨床発達心理士、等)ではない普通の先生が受け持っていて効果的な指導が受けられていない(というか、的外れな指導をしている)。
または、LDなど、最近にわかに注目されてきた他の障害に対する対応におわれている。(先生の忙しさ)
*資格を持った専門家でなく一般の教師でも、一生懸命にどもりについて学んでいて意欲のある方ならばいい加減な専門家よりもよほど良いとは思いますが、やる気のある先生を特に募集して特別に育てているとも思えません。
*普通教室を持たせてもらえない「出来の悪い先生」が受け持たせられているという信じられないような話しを現役の教師から聞いたことがあります。(ほんとうでしょうか??)

★どもりをはじめ、LDなどの障害に対応するための通級教室が小・中学校の総数から見て少なすぎる。これは明らかに政策上の問題である。
*自治体による格差も大きいようです。

 要するに根本的に考えなおす必要があるのです。
 いつまでも20年前30年前と「結果として」ほとんど変わっていない、などとぼやいている場合ではありませんね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中