吃音者のほんとうの苦しみをわかることができるか?(再掲載一部改編:初掲載は2006年1月)

 どもりでない人にどもりの人の苦しみをわかってもらうことはたいへん難しいことです。
*家族や親友、恋人でさえ難しいことです。

 慰めの言葉として、「君のどもりはたいしたことはない」、「大人になれば治る」、「もっと大変な思いをしている人はいくらでもいる」などと言葉をかけられても、かえって苦悩が深まるばかりです。
 言ってくれた人に対しての不信感さえ出てくるかもしれません。
*ただし、自分自身でこころからそのように思えれば、新しい局面が出てくるとは思います。

 どもりは、24時間常に背負っている障害です。
 小さなこどもから思春期の頃までのことを思い出してみても、しゃべることについて常におびえていました。
*社会人になってからも35歳くらいくらいまでは続いていましたし、今でもその残骸は残っています。

 休日にくつろいでいるとき、それはリラックスした癒しの時間のはずですが、かつての私にとっては、「もしかしたら誰かから電話がかかってくるかもしれない」とおびえているときでもありました。(まだ携帯がない時代でした)
 また、休日明けに発表しなければいけないことや電話をかけなければならないことを先回り心配しておびえていました。(予期不安)

 自分が留守のときに私宛に電話があり後で家族の前でかけなければならないことがとても怖く、電話がある可能性があるときは、出かけたいのをがまんしてでも自宅にいてそわそわしていました。
 いよいよかけなければいけないときは、買い物に行くなどのふりをして少し離れた公衆電話ボックスまで走っていき、まわりに人がいないのを確認してから(どもりながら)電話していました。
*いまでは公衆電話も極端に少なくなりましたが90年代までは結構ありました。駅前などにはボックスが3つ4つつながっているものもありましたが、隣のボックスに人がいても緊張していやなので、できるだけ空いているところを見つけたものです。

 どもりの症状そのものにより「困る」ということ以外にも、どもることによる劣等感やどもることにより笑われたり失敗したことがトラウマとなり常に悩まされていました。
それらが自分の人生全般に大きな影を落とした(今でも落とし続けている)ことは言うまでもありません。
*最終的にはうつ病にまでなりましたし自殺未遂もしました。

 どもりの人は、どうしても、「治ったら(良くなったら)こうしよう、こう生きていこう(生きていける)」というように、こころのなかに「もうひとりのどもらない自分」を作り上げて、そこに逃げることによってなんとか生きている(こころの平衡を保っている)ようなところがあります。
 そういう人生を続けていても良い方向には進みません。

 「こうありたい」「こうすべきだ」ということばかり考えているのではなくて、(現実から逃げないで)、いまの自分でいまできることからひとつひとつこなしていく・・・・
こんな考え方にスイッチしていかなければいけません。
*なかなかそうはできないのが人間であるというところも自分のなかで認めてあげないとさらに精神的に追い込んでしまう場合があります。そのあたりの加減が難しいところですので、なんでも話せる信頼できる精神科医を見つけてホームドクターとしておくことをお勧めします。
*どもりのセルフヘルプグループに参加していろいろな吃音者(重さ症状の違い、年齢の違い、考え方の違い)とふれあうことにより、自分を客観的に見られるようになることも、とても良いことだと思います。

 今できないことが、次の瞬間にできるようになることはありえないのです。当然、気合だけでは乗り切ることはできません。
 人生においては、ものごとは実にゆっくりとしかし確実に進みます。
特に地道な努力は、ある程度時間がたってから突然はっきりとした結果が出てくる場合が多いようです。

 若いころ(特に思春期くらいはなおさら)は、それがわからなかった。
たとえ、当時に、そのようにアドバイスされても受け入れられなかったかも知れません。

 そうはいっても、もしもタイムマシンがあったら、思春期、特に中学生から高校生くらいの自分のところに行って、いろいろとアドバイスしてあげたいと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中