吃音を持ちながら人生の節目を超えていくこと (たびたび再掲載:初掲載2006年9月30日)

 どもりを持った人が長い人生を生きていく過程で、進学、就職、(転職)、結婚・・・・などの人生の節目をどのように越えていくか、また超えられるか、ということは、重さや、症状を含むどもりのいろいろな面に大きな影響を与えます。

 当然、人生設計そのものにも大きな影響が出ます。
 それらの節目をうまく乗り越えられれば(不器用にでもなんとか乗り越えられれば)・・・、「あくまでも結果的にですが」症状としてのどもりが大きく改善されることもあります。
*もちろん、軽くならないこともいくらでもります。どもりとは大変複雑な障害で簡単なものではないことは、どもりを持っている方ならばおわかりのことと思います。
さて・・・、

 どもりを持ちながらも自分らしい充実した人生を送るには、「必要以上に大きな挫折を経験しない・させない」、ということが重要だと思います。
 人生に試練は必要で、特に、「若い頃の苦労はかってでもしろ・・」と言われますが、それにも限度があります。
その人の人生の節目を乗り越えるのにも大きな悪影響を与えてしまうような重いどもりなのか?
その「重い」というのは、客観的な症状が重いのか?
*端から見るとほとんどどもらないように見えても、本人がそれを深刻に捉えて自殺を意識するほど悩んでいる場合もあるのです。

 どもりの人を囲む人々(家族、友人、アドバイスする人など)ができることは、どもりの症状そのものの改善を期待しての助言(残念ながら的外れのことがほとんどです)よりも、
どもりであることでのマイナス面のみを強調され、生きる自信をなくしてしまうような形ではなく、その人のの良い面や得意分野をのばしていくことができるように協力することです。

 人生は確かに厳しいものですが、厳しさを説いたりするだけでは心が萎えてしまい、いろいろな挫折から立ち直ることができなくなります。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中