どもりで、(結局就職できなかった、引きこもって学校や会社にいけなくなった)人たちにとっての今ごろの時期(再掲載一部改編:2012年4月17日)

 この間「明けましておめでとう」を言ったかと思ったらもう2月も中旬です。
そして3月、4月は年度替わりの時期となります。

 いま、どもりを原因として、(結局就職できなかった、引きこもって学校にいけなくなった、会社に行けなくなった)という人はどれくらいいらっしゃるでしょうか?
こんなことは調べようがありませんが、かなり多くの方が人知れず部屋のなかで悶々としていると思います。
*私もかつて、今ごろの季節、就職できずに敗北感に包まれながら引きこもっていました。

 例えば、小学校で、学年が上がるとともにどもりも目立つようになってきた。
授業中に指名されて答えるときや教科書をひとりで読むときは、たまにはどもらずに済むこともあるが、多くの場合は、最初のことばがなかなか出てこないブロック症状やことばを繰り返してしまうどもり特有の症状がでてしまい、クラスメイトに聞かれていると思うと余計どもってしまう。
 最近、先生のいないところで、陰湿ないじめをされるようになってきたが、担任の先生にはとても相談できないし、家に帰ってからも親にも相談する気はない。

比較的軽いどもりの青年
 何気ない日常会話では大きくどもるような症状ではないが、「電話をかけるときに自分の名前や会社の名前がなかなか出てこずに困ってしまう」、また、「会話のなかでも繰り返しのどもりがはっきりと出てしまうことがある」。
ことばの調子が悪くなると日常生活の何気ない会話でも大きくどもってしまうことがあり、そのうちに治ったかと思うと、突然ぶり返したりする。
 自分なりに努力はしたが学卒後も結果的に就職できなかった。
 しばらくふらふらしたりアルバイトをしていたが、なんとかしなければいけないと思い、重い腰を上げて頑張った就職活動の時にはなぜかことばが絶好調で、面接も比較的うまくいってしまい(ほんとうは喜ばしいことなのですが)就職した。
 が、案の定、職場に入ってからが地獄の日々となった。
 社内電話・社外電話とも(あたりまえですが)自分の名前や会社名・所属を名乗らなければいけないが、初日からおおどもり。
同僚や先輩から笑われて肩をたたかれているうちはまだ良いが、最近、上司から呼ばれて「お客さんから君がどもることでクレームがついて担当を替えてほしいと言ってきているのでなんとかしなさい」といわれた。
*20年前くらいまでの経済力のある日本でしたら、どもりをバカにされてもいやな思いをしても、仕事の流れに若干の支障が生じ同僚に迷惑をかけても、本人が我慢さえすればなんとか働き続けることができたかもしれませんが、いまの日本、どこの企業もギリギリでやっています。ことばを使わない部署にまわしてもらえることができればラッキーです(思いやりのある良い会社だと思います。長く勤めましょう)。

 典型的なパターンをふたつ書いてみましたが、どちらも引きこもりの入り口になり得ます。
一度引きこもってしまうと、そこで悪い意味で安定してしまい長引くことが多いのです。(家庭の経済事情が許せばの話ですが)

 ほんとうは、困っている吃音者の身近(日常的に通える距離)に、どもりについての豊富な知識と臨床経験のある言語聴覚士、精神科医、臨床心理士、ソーシャルワーカーなどのグループがいて、しっかりとしたサポートを継続的に受けられれば良いのですが、そんな体制は日本にはありません。(日本のような「世界有数の先進国」では本来あたりまえの体制だと思いますが、そうでない日本はほんとうの意味での先進国ではないということでしょう。)
 多くを望めない現在。でもあきらめずに、まずはできることから自力で対策をしていきましょう。
個人レベルでできることは、「自分の心がおかしいな」と感じ始めたら早めに精神科にかかることです。
 孤独にならないように、セルフヘルプグループなどに参加して同じ悩みを持つ同じくらいの年齢の友人を作り語り合い、自分をなんとかでも持ちこたえつつ、少しずつ良い方向に進めていけばよいと思います。

*自分に合う精神科医や言語聴覚士、臨床心理士などを、足を棒にしてでもみつけてください。そして上手に利用しましょう。
*こんな不安定な世の中です。あまり世間体などは気にせずに自分が幸せになるように頑張りましょう。ことばを(メインに)使わなくても働く方法はいくらでもありますし、働く場所は日本中、いや、世界中にあります。いままでの固定観念を捨てて、慎重かつ大胆に自分の人生をリ・ビルドしてみることが必要です。

参考
吃音:自分で工夫してみよう 2012年4月9日
吃音:小さなセルフヘルプグループを作ってみる 2012年2月20日
吃音:セルフカウンセリングの勧め 2010年11月1日
吃音:良い意味で自分を追い込むこと 2009年11月9日

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中