吃音について自分の気持ちをごまかさずに自分なりに(健康的に)突き詰めて考えて、悔いのない人生を送りましょう。(再掲載一部改編:2008年2月29日)

 どもりについては、いろいろなことをいろいろな立場の人が言っています。(言ってきます。)
どもりのセルフヘルプグループなどに入っているのならば、そこの先輩格(?)の人がいろいろとアドバイスしてくれるかもしれません。
 そのアドバイスも、素直に心に入ってくる場合もあれば、同じどもりなのに何でこの人は偉そうにしてるんだ!と不愉快に思いながら聞いているかもしれませんね。

 遠慮することはありません、言っていることがおかしく感じられ疑問に思えばいくらでも食い下がれば良いです。(年齢は関係ありません)
セルフヘルプグループは会社ではありません。上司も部下もなく皆平等なのだから、おかしいと思えばとことん食い下がれば良いです。
*会社でも、「おかしいことはおかしい」と言えないような会社は早晩つぶれるでしょう。

 といっても、悲しいかな、なかなか言葉が出てこないのでついつい遠慮してしまうかもしれませんね。

 でも、それもやめましょう。
いくらどもっても、顔をひずませながらでも、足を床に叩きつけながらでも良い、とことんこだわるべきです。

 また、どもりに対して無理解な親や家族に囲まれて身を縮めて生きる必要もありません。(好きでどもりになったのではないのだから)

 注意すべきは、脇道に入り込まないことです。
 脇道とは、ネットその他に氾濫している、いい加減な情報に振り回されないようにするということです。

 そして、意固地にならないことです。
柔軟な心を持ち自分と正反対の考え方を持つ人の言葉にも聞く耳を持つことです。

 今はネットを使えば世界中の専門家に直接質問できる世の中になりました。
 日本でも、大学の先生や、国の研究機関には少数ながらどもりの専門家がいます。
電話ができないならば、失礼承知で、直接で出かけていって質問したって良いじゃないですか。 (手紙を書いてからでもいいですね。)
 大いに議論して、専門家がサボっていたら追い詰めてあげましょう。

 一度きりの人生、後悔しないように自分の力を振り絞って・・・・・、
*ひとりでは心細くもあるし、なかなか良い考えも出てきません。セルフヘルプグループなどで悩みを共有できる仲間を見つけて一緒に活動し、良い方向に向かうように頑張ってください。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中