吃音を持った子供さん、まずはこころの疲れを取りほぐしてあげること

 子供の頃からどもりの苦労を重ねていると、努力して前向きを指向しているこころも次第にささくれ立ってきて否定的な感情が出てきてしまいます。

 どもりだした小さな頃から思春期、そして就職くらいまでの家庭環境が劣悪ならば、学校などの外の世界での緊張やこころの疲れを家に帰ってからも癒やすことができず、場合によっては家の中でもさらにこころの緊張感を高めることとなり、遂にはうつ病などのこころの病気になってしまいます。

 朝起きてから夜寝るまで(場合によっては夢の中まで)どもりによる苦労を続けることは、子供のまだ確立していない自我に与える悪影響は計り知れません。

 家庭でできることは、まずは安心できる落ち着ける環境を作ることです。
甘やかす必要はありません。むしろ質実剛健が良いでしょう。
 ただ、温かい家庭が必要です。子供が安心して自由にどもれる環境といえば良いのでしょうか。
自分が学校で、また友達と接するときにどもったこと(場合によっては笑われたことなど)を子供の方から親兄弟に話せるような雰囲気があればとても良いのですが、現実は真逆な場合がほとんどで、多くの家庭では子供はどもりでの悩みや困ったことを話せません(話せるような雰囲気ではありません)

 どもりについて具体的にアプローチしていくのはその次の段階です。
日本では10年ほど前にやっと言語聴覚士という国家資格ができたところです。その資格にしても吃音専門のものではなく、吃音については学校でも試験においても多くの時間を割かないようです。
 虫歯になった子供が街なかの歯医者にかかるように、どもりに精通している言語聴覚士が開業していて、子供が気軽にかかれるという環境はありません。

 現在では、インターネットを使えば国内外のどもりに関する情報がそれなりに取れるようになりました。
しかしその情報は玉石混淆ですから、大学の研究者、病院に勤務する言語聴覚士に何人も何カ所も渡り歩くくらいの熱心さを持って、お子さんに合った専門家を探してください。
*学校でことばの教室に通っている場合も、過信しないでそのクォリティをチェックしてください。
*どもりの原因は医学的に解明されていません。日本にもごく少数ですが吃音を研究している研究者や臨床家がいます。が、考え方はまちまちです。そのことを知ったうえで「専門家」に接するべきです。
*どもりの人の集まりである「どもりのセルフヘルプグループ」の相談会や行事に参加してみるのも良いことだと思います。「どもりを持ちながら生きていくということはどういうことなのか」ということが分かります。

 どもりを持っているお子さんは表面的にはいくら明るく振る舞っていても、こころの中では悩んでいます。もしかしたらその小さなこころで自殺さえ意識しているかもしれません。

 まずは温かい家庭をつくること、そして具体的な対処が必要と思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中