吃音とストレス(再掲載一部改編:2008/01/04)

東京駅

東京駅

どもることを原因とするストレスには個人差がかなりありますが、
どもりが重いほど(第三者から見た場合は軽くても自分では深刻にとらえて悩んでいる場合も含む)
また、吃音者(特に子供の場合)を取り囲む精神的・経済的な環境が悪いほど・・・
人生に悪影響を与え続けます。

さて、思春期前期(人により違いますが小学校高学年くらいか?)くらいになり、どもりで本格的に悩み出すと、
「自分のどもりの悩みの相談にのってくれたり、治してくれるスペシャリストはどこにいるのか?」と思います。深刻です。
*日本の制度では、小(中)学校に、通級で「ことばの教室」という制度があります。このシステムがどもりで悩んでいる子供にとって有効に作用しているのか? 
どもりで悩んでいる子供全員が、すんなりとことばの教室に通えて、言語聴覚士や臨床心理士・精神科医などのスペシャリストの的確な治療や相談が受けられているのか?
家庭環境に問題がある場合には、家族に対するカウンセリングや指導が有効に行われているのか?
普通の先生が担当していたり、いろいろな障害を持っている人が入り乱れて教室が混乱しているなどの情報が入ってきます。検証と抜本的な見直しが必要でしょう。

専門家?、はたして、日本にはどもりの専門家はいるのでしょうか?
以前も書きましたが、日本でどもりを研究している大学の学部は主に教育学部の障害児専攻かそこから発展させたようなところです。
せめて、一カ所でも良いので日本でも、医学部との本格的な共同研究でもしていれば救われますがそのような話も聞きませんね。
これでは、長期にわたる戦略的な取り組みは期待できません。

もしも、いままでのような教育学的・心理学的な方法でどもりと相対していくのならば、大学の研究室や病院の部屋の中にいてただクライアントを待っているのではなくて、
人が多く乗り降りする主要駅の近くに一部屋借りて、「サテライト治療室・相談室」とし、どもりで悩んでいる人が簡単に通えるようにすれば良いでしょう。
*公立の小中学校の「ことばの教室」を発展的に解消して、街なかの通いやすいところに放課後や休日に気軽に通えるような言語クリニックを開設するという方法もあります。

ストレスの話に戻します。
小学生になってもどもりが自然治癒しなかった場合は、授業中も休み時間も、そして放課後も、家に帰ってからも、どもり続けます。どもりから逃れることは出来ないのです。

小さなこどもにかかるこのストレスは大変なもので、とても言葉では表現できないものです。
私も小学校3年くらいの時にどもりを強烈に意識してから、自分なりになんとかなった(良い意味での諦めのついた)35歳くらいまでは、「曇りガラスを爪を立ててひっかく思い」の日々が続いていました。(比較的軽いどもりであった私でさえそうなのです。)

日々の授業、友達との会話、電話、など・・・しゃべることのすべてにストレスが伴い、相談できる専門家などもちろんいませんでした。(私の住んでいるところには早い時期からことばの教室があったそうですがそれを知ったのは後年です)

私の場合は、家庭内でも学校でも、「どもりなんかでは悩んでいないよい子」を演じていました。
中学卒業まではそのままなんとかなりましたが、高校に入学したとたんに「ぷっつん」といままで張っていた糸が切れるように、今までのようにいかなくなりました。

今思えば、10代後半からしばらくの間は、かなり長期のうつ病にかかっていたと思われます。
本当は高校受験や大学受験に向かって勉強をしなければいけない(進路についてははっきりとした希望がありました)時期なのに、とても勉強に集中できる状況ではなく、生きているのがやっとでした。

現在では都市部においては精神科にかかる敷居が低くなり、インターネットで病院の情報も簡単に得られるようになりました。私が思春期で悩んでいた当時にこのような環境があれば、すぐにでも精神神経科の医者に駆け込んだのでしょうが、そのころ(1980年前後)は考えもしませんでした。(精神科イコール鉄格子の部屋くらいのイメージでした)

今の「どもりをもった小中学生や高校生」はどうなのでしょうか?
ブログなどで見る限り、私の頃(1980年前後)と比べて、大きく改善されたとは思えません。
しかし、情報は簡単に得られるようになりましたので、良い情報を一生懸命になってさがして「しなくて良い苦労」は避けていただきたいと思います。
*ひとつのヒントとして、都道府県ごとにある「精神保健福祉センター」を利用してみてはいかがでしょうか?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中