吃音者の人生が「結果的に良い方向に進むための」心のバランスの取り方(再掲載一部改編:初掲載2009年4月)

(今回は、比較的軽いどもりについての考察です。)

今回(2009年4月)、ネット環境の変更をすることとなりました。(ADSL→光)
プロバイダーの調査員が相談に来て、てきぱきと親切に対応してくれました。
彼(調査員)は、私との交渉や、私の前で自社の工事担当者と携帯電話を使っての打ち合わせを難なくこなしましたが、それは仕事をするうえではごくごく当たり前のことです。

私もメーカーの営業マンでしたので、電話したり交渉するのはごく日常的なことでした。
(大学を出ても就職できずに、約2年の引きこもりを経てハローワークに通って就職という話は、過去に何回か書いています。)

しかし、営業の仕事から離れてしばらくたち、今回のような仕事をてきぱきこなす人と接すると、「自分もかつて同じようなことをしていたんだな、それもどもりの不安を抱えながら」と、いまさらながら感慨深いものがあります。

さて、私の取り上げているテーマのひとつに「どもりの重さによる違い」ということがあります。

今回のように、仕事(一般的な企業での仕事)の世界で生きているときに、「短い時間のなかでてきぱきと話し合い、電話で的確に連絡をする」というような、あたりまえのことがあたりまえににできることの重要性と、それができないかできにくい「どもりを持つ人」が抱えるジレンマについて考えてみます。

どうして考えるかというと・・・・・・・・・・・・・
どもりで悩んでいる人に向かって、「どもっても良いじゃないか」ということがよく言われますし、私も子供の頃に何回かそんな言葉で慰められたことがあります。
私も、今、どもりで悩んでいる人が目の前にいれば、(とりあえずは)同じような言葉で元気づけると思います。(悩んでいる人がパニック状態を脱した段階で、現実的な話やいまできる対応方法などをゆっくりとお話しすると思います。)
心情的には、そうなのですが・・・・・・・・ではそのどもりで悩んでいる人が仕事を探す場合において、「どもっていても良いじゃないか」と簡単に言ってしまっていいのか?ということになるのです。それが、責任あるアドバイスなのか、ということなのです。

「どもっていても良いじゃないか」という考え方を説き、
今、困っていてどうして良いか分からないほどに混乱している人を勇気づけることは良いことだと思います、
しかし、やさしい言葉に勇気づけられたその人も、その場を離れるとすぐ現実の社会に放り出されて「どもりの現実」と向き合うことになります。

人間には、働いて生活に十分なお金を稼いで自分で生きていかなければいけない、という宿命があります。
(これにも当然、条件がありますね。障害が重く仕事ができないか、生きていくために十分なお金を得る仕事に就けない場合には、国や自治体が責任を持って援助することが必要です。)

仕事を探していても「どもり」のために面接で落とされ続けたり、やっと入った会社では、電話の応対や社内の会話などで心がぼろぼろになり、どうにかなってしまいそうな方に「どもっても良いじゃないか」とは言い難いのです。

ある程度の重さのどもりを持った状態で一般の企業に入った場合は、
ある人にとっては、そこでのことばの苦労が結果として吃音を軽くするための大きなステップとなり得ますが(私の場合がそうでしたが、ひと言では言えない苦労をしました)、
逆に、かえって重くなったり、「自分は社会では通用しないのだ!」と自己不信に陥る場合もいくらでもあるのです。(私は転職を複数回経験しましたので、どうしても会社名が言いにくいところに就職してしまいとんでもない苦しみも経験しました。同じような経験をした友人もいます。)

「自分でお金を稼いで健康で文化的な生活を自分で作り上げていかなければいけない」ということと、「どもりを自分のなかでどうとらえるかという心のなかの問題」は別次元の問題なのですが・・・
この両者をどのようにバランスさせて「結果として」自分なりの幸せをつかむか!ということが重要なのではないかと思います。

この「バランス」をとる手伝いをしてくれるような専門家(どもりの知識と臨床経験がある言語聴覚士や臨床心理士、精神科医など)が身近にいてくれて、学校や会社の帰りに気軽に寄れる、また、引きこもりになった吃音者やその家族が気軽に相談できる体制を整えていかなくてはなりません。
それが、どもりでさんざん苦労した、ちょっと前を生きてきた人間である我々が後世に残す遺産であると思うのです。

その際のキーワードは
「身近にあり・いつでも通えること・継続して通うことのできる環境」です。
心やことばの問題を考えるには5年10年という長い時間がかかることを考える必要があります。

私は、大学生くらいの頃から、座禅をしたり、精神科医にかかったり、セルフヘルプグループ、民間のどもり矯正所など、いろいろなところに行きましたが、そこに行ったからどもりがすっきりと治るとか良くなるというところや専門家はいませんでした。
なぜならば、小学校高学年くらいからのどもりは精神的な面でのバックグラウンドも複雑に絡んできていて、人生全体の問題になってしまっているからです。

どもりに対するサポートは、長期にわたる計画的な心理的サポート(本人に対するサポート、家族に対するサポート)だけの場合、もあれば、心理的サポート、プラス、言語訓練の場合、と、個人の状況によりカスタマイズされたものが提供されるべきです。

参考:
①、(2009/03/25)パニック陥らないように吃音で悩んでいる自分を冷静に分析できるようになってから次のステップへ(新年度・新学期に向けて心のケアを!)
②、(2009/03/29)吃音:自分の悩みをごまかさない

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中