吃音:どもりのために、人(他人)との関わりから遠ざからないようにすること(再掲載一部改編:2012年5月8日)

 日常会話において意思の疎通に支障が出るくらいの重さのどもりを持っていると、
 そして、そういう状態で、学校や職場においてどもることによる恥ずかしい思いやどもりにより何かができない・よくできないという負の経験を積み重ねるにつけて・・・
どうしても「人と話したくない」「人とあまり関わりたくない」と思うlことが多くなってきます。

 人と話すということは、自宅で朝起きておはようというところから始まるのですから、そのことばがどもる(次に発することばもどもりそうだと心配する)ということは、どもりの苦しみ悩みに24時間支配されているということになります。
*24時間としたのは、悩みが深くなると夢のなかにもどもりで悩んでいる自分が出てくるということです。

 結果として、学校の勉強にも職場での仕事にも積極的に関わることができなくなります。
 学校の成績が下がったり、仕事の成果が出てこなくなったり同僚に迷惑をかけることとなり職場に居づらくなってきます。
*不登校や、出社拒否、結果としての引きこもり、そして、うつ病と進行してしまうこともまれではありません。(私も経験しました。)

 本当は、「人と関わりたい、自分の能力や学んだことを生かして学校でも活発に発表したい」「職場でも、電話を駆使してバリバリと働きたい」と思っているのですが、
現実の自分は・・・
★、電話をかけるにも、買い物をするにも、必要な言葉や自分の名前が出てこないか大きくくり返してしまい、とても恥ずかしい思いをしたり自分の意思が伝わらなかったりする。
★、仕事上のトークに大きな支障が出て仕事がうまくいかない・・・・、成績が落ちて怒られた。
こんなことが続くと、本当は努力家で明るい性格の人も、引っ込み思案で暗い人になってしまいます。

 以前、建設会社のショールームで色の濃いサングラスと体におもりを装着して、家の中の段差がいかに危ないかという高齢者体験をしたことがありますが、

 どもらない人がどもり体験をしたいならば、
★、家庭内でも買い物のときも、もちろん学校や職場でも、人と話すときには必ず最初の言葉を出す前に「えーと、えーと、と繰り返しながら5~10秒くらい待ってからやっと最初の言葉をしゃべり出す、
★、自分の名前や会社名を言うときには、対人でも電話でも、わざと最初の語を繰り返して、「さ、さ、さ、さいとうで、で、です」と言うなどの体験を半日くらい継続してやってみれば、吃音者の悩みが分かってくると思います。
「どもっていても良い」などとは簡単には言えなくなるはずです。

 そういうことを踏まえたうえであえて言うのですが、
「それでも、人との関わり(それもできるだけ言語を介した関わり)を絶やさないでほしい」と思います。

 仕事をしてない方や、なかなか正式な就職活動をする気持ちになれない方は、ボランティアからでも良いでしょう。「ボラバイト」というのもあります。
 農作業などのボランティア、体に障害を持っている方のためのボランティアなどを通じて自分のしたことが人のためになる体験をし、徐々に自己肯定感を高めていって、次第に言葉をメインに使うボランティアや仕事の方に移っていけば良いと思います。

 言葉は使わないとさらに調子が悪くなりますし、人と関わらないと対人恐怖的な傾向も出てきてしまいますので、少しずつ自分のおしりをたたいて(できる範囲でちょっとずつ無理をして)進んで行ってください。
*リスク管理のために、是非、なんでも相談できる精神科医や臨床心理士を見つけておいて、定期的に相談しながら行うとよいでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中