吃音と「昇華」(再掲載一部改編:2007年1月)

どもりのために、学生時代には授業中に指名されても(口をパクパクしているだけで)発言したり本を音読することがうまくできなかった。
休み時間には(授業中にも!)友達とも満足な会話ができなかった。友達に電話もできずいくつもの悲しい想いをした。

就職でも、かなり努力はしたが、どうしても自力ではできず「コネ」で入れてもらったが、 入ってみると電話ができず、社内の同僚や顧客との満足な会話ができず、いづらくなり結局自分からやめてしまった。
こんな経験は、どもりの皆さんのなかでは、ある意味ありふれたストーリーだと思います。

「いろいろな経験を経て、いまはそれなりに成功して・・・・」という経験談はネット上でも良く見られますが、 日ごろから書いているように吃音はそれぞれのケースごとにすべて違うもので、
また、非常にメンタルな要素が大きく、かつ、医学的には原因も治療法もわかっていないものですから、よほど注意して読んだり書いたりしないと、「単なる自慢話」や「押し付けの精神主義的なお説教」にしかなりません。
本当に苦労して吃音を克服した人はむしろ多くを語らず、「その人の生き方」や「生きる姿勢」「生き様」をみていれば、同じ吃音者としては十分に共感でき、自然とその生き様から学ぶことでしょう。

(言い換えれば対処できるくらいの軽いどもりを除いた)ある程度より重いどもりを持つ人は、日常生活や社会生活のなかで、どもりであるがためのいろいろな不都合に出くわします。
能力はあっても、どもるために(言語の問題だけで)希望の就職ができないことがいくらでもあります。
そんな人たちは、それぞれ、人としての尊厳を守るために、また、生きていく希望を見つけるためにも、
例えば福祉の分野で活躍することによって誰かを助けるような仕事に就くことによって自分を見出して満足度の高い人生を歩んでいける場合があります。
こんなことが、「昇華」というのだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中