普通に生きるのがつらい吃音者の苦悩(再掲載一部改編:2007年9月28日)

どもる人は、日々のごく普通の生活のなかで言葉の上でのさまざまな耐えがたい不都合があります。 だからこそ辛い「障害」だし、人によっては毎日の人生そのものがつらい(生きるのがつらい)のです。

(どもらない人)は、仕事上のごく普通の電話をすることや友人宅に電話をかけて本人以外の家族が出た時には呼んでもらう(携帯が普及しましたのでなくなりつつありますが)など、言葉によるコミュニケーションを当たり前のように繰り返しながら毎日を過ごしています。

営業マンであれば、他社を訪問するときには入口で受付嬢か受け付け用の電話で、自分の社名と名前を告げて取り次いでもらいますね。
また、競合他社の製品を使っている会社に入り込んでいくために、(歓迎してくれない相手に対して)無理をしてでも電話等でアポイントを取って新規開拓をしていく必要があります。

吃音者は、どもらない人が日常的に行っているこのような行為が、できないか、できにくいのです。言葉というコミュニケーションの手段をうまく使えずに、人生につまずいてしまうのです。
どもらない人にとっては何気なくやっている(話すという)行為が、(ある程度以上の重いどもり)にとっては地獄のような苦しみなのです。

どもりを理解しようとする、関わろうとする家族や治療者にとっては、どもりの人のこんな想いをどこまで理解できるかが、どもりの本質がわかり適切な対処ができるかどうかの分水嶺になるかもしれません。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中