吃音とアダルトチルドレン(我慢しないでぶちまけること)

以前にも吃音とアダルトチルドレンというテーマで書いています。
(2007年1月22日:吃音とアダルトチルドレン)

今回は、「我慢しないでぶちまけること」という副題をつけました。

どもりで困って悩んでいるのに、学校から帰った家のなかでは良い子を演じる。(演じざるを得ない)
家庭内ではどもるところを見られたくないので(家族に心配をかけたくないので)なるべく話さないようにしている。
*家のなかでは「他の問題」が発生していて、私のどもりの悩みなどを聞いてくれるような状態ではないと自分で決めつけている。
*たとえ自分のどもりの悩みを話したとしても逆に怒られてしまう。
こんなこどもがいるのではないかと心配しています。
なぜなら私がそうでしたし、そういう吃音者に多く接してきたからです。

でもそのような生き方は長続きしません。
無理して続けていくと、あとになってから大きな破綻がきます。それでもまだ、自分が悪いとか努力不足だとか・・・自分を責めるんですね。まさにアダルトチルドレン。
*友人が心配して「ズバリ指摘」すると、怒り出してしまうようなところがあるのが、これもまたアダルトチルドレン・・・

自分がボロボロになってから気がついても遅いのです。
いや、遅すぎるなどと言わずに、気がついた時点で当事者にぶちまけましょう、

そうすれば、どもりが治るとは言いませんが、何かが変わってくるでしょう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中