吃音者が本来希望する仕事に就くために言葉の流暢性を高める工夫をすることと、努力しても希望通りにいかないときに諦めて別の生き方見つけること(序論・プラクティカルな見地から)、(2010年5月再掲載、一部改編)

 今回も序論から書き始めます。できるだけ完成させたいと思いますが序論だけで終わってしまうかもしれません。(泣)

 今回は、比較的軽い吃音者を想定して書いています。

*、そもそも「比較的軽い」とはどういうことか。
そのような定義など存在しませんが、ここでは、
○、家庭内の会話において、基本的な意思の疎通には支障がない状態。
○、症状に波があり、かなり軽くなることもある場合。
○、面接時や電話をする際に、常に自分の名前や会社名その他の決まり文句を言うのに数秒から数十秒にわたり激しくどもり続けるほどではない
 とします。

 なぜ、比較的軽い・・・にこだわるかというと、
何気ない日常会話において常に激しくどもるくらいの重い吃音をもっている方に同じ考え方(希望する仕事に適応するために言葉の流暢性を高める努力をする)をすることは、かえってその人のこころを追い込んでしまうと思うからです。

 こう考えること自体、吃音者の差別化ととらえられてしまうかもしれませんが、それは私の本意ではありません。
 人は、仕事をして稼いで生きていくのですが、できれば自分の希望する仕事に就きたいものです。しかし、ある程度以上の重さの吃音者はどもりであるが故に希望する仕事に就けない場合が多いのが現実です。
 あくまでも、「自分の、本来希望する仕事に、できるだけ就けるようになるために、プラクティカルに考えたい」、ということで読んでいただければと思います。

 どもりを原因としてその人に起こる様々な出来事や問題の大きさ深刻さは、
症状や重さの違い、本人を取り巻く心理的・経済的環境の違いにより大きく変わります(同じどもりということばでくくってしまって良いのか迷うほどです。)

 どもりには、生活にほとんど影響を及ぼさないようなごく軽いものから、人生を大きく変えてしまう深刻なものまであります。
どもりを持っていても、一般的な職場でどもりでない人と同じ内容の仕事ができるくらいの方もいれば、症状が重く無理な方もいらっしゃり、その中間、つまりボーダーライン上の方もいます(私はこれに当たると思います)

 吃音の症状は、長い人生のなかでは、かなり軽くなる時期もあれば、いろいろな条件によりぶり返しによる悪化もあります。
 例えば、子供の頃から思春期~20代くらいまではそれなりに重い吃音であったのが、いろいろなことを経験した結果、一般的な仕事にも影響しないくらいに大幅に改善される場合もありますし、その同じ人が、ある日急にぶりかえす場合もあります。

 学業や仕事の本来的な能力には問題はないのに・・・
人と話すときや電話をかけるとき、人前で自分の意見を発表する場面になると、いきなり躊躇するようにことばが出てこなくなったり、
自分の名前や会社名などの間違えようもないことばが全く出てこないか、または大きくつまずくように発音するなどのいわゆる「どもる」ことや、それにまつわるストレスで、
結果的に学業や仕事、ついには日常生活まで悪影響を及ぼす(仕事ができなくなったり、勉強が手につかなくなる、うつ状態になり日常生活がこなせない)ことは、その人の社会的な立場を弱くします。
また、生きていくことすらつらくなる場合もあるでしょう。

 世界有数の先進国である日本においては、いろいろな障害を持っている方も健康で文化的な最低限の生活が保証されるように、各種訓練や治療、カウンセリングが安心して受けられることは贅沢な要求ではありません。
 また、その人の障害に応じて働くことができるように公が最大限のサポートをすることは、本人にとっても家族にとってもとても良いことだと思います。

 前置きがかなり長くなりましたが、
今回は、吃音者が、「希望する仕事に就きたいのに、どもることがネックとなって就けないことをなんとかしたい」という観点で書いてみたいと思います。

 できるだけ言葉の流暢性を高めるために、
医者などの専門家の選択、カウンセリングの受け方、言語訓練の仕方、仲間の作り方、自分の心を安定させることを書いてみます。

 また、自分なりに最大限努力しても、どもりのために自分の希望がどうしても達成できない場合の「自分のこころの処理の仕方」についても考えてみます。
*、自分自身の経験や、かつて行っていたセルフヘルプグループの仲間との活動の思い出や彼らのその後の人生遍歴も思い浮かべながら書いていきます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中