吃音と環境(いま、どもりで悩んでいる子供のために吃音者自身が黙らずに自分の経験を語る必要性)再掲載2010年3月

 どもりの原因については、20世紀前半からアメリカの大学においてかなり本格的な研究が行われました。
 

 

奈良 ささやきの小径

奈良 ささやきの小径

 いくつかの仮説が提示されましたが、結局、特定できずに今に至っています。
脳科学?の進歩がいわれている現在でも(中途半端な脳科学ブームに対する警鐘も鳴らされていますね)、もちろん「どもりを脳レベルで解明し手術や投薬で治す」ということは夢の世界であるのとは間違いありません。

「親の育て方が悪いからどもりになった」といわれていた時期がありました。(自閉症についても同様です)
しかし、今ではそうではないことは「ほぼ?」わかっていますが(やはり原因であるという考え方もあるかに聞いています)、それでも確実にいえることは、どもりが始まった子供がいる家庭の環境が劣悪ならば確実に悪化(症状・または心理的)し固定化するということです。

 

 子供の頃より大変な苦労をしてきた吃音者自身が、
「両親のどもりへの無関心」場合によっては「否定的な言葉を日常的に投げつけられてきたこと」を語らない傾向は、本人の苦労が大きいほど大きいように思われます。
過ぎ去った日の自分のことを話してもどもりが軽くなるわけでもないし、失った時間がかえってくるわけでもない。
いまさら家の恥(家庭環境のこと)を話したくもないし、という感情があるのかもしれませんが、それを語ることはこれからの子供たちのためになると思います。

 

 吃音を持つ子供の家庭環境はごく普通でよいと思うのですが、「子供がどもること」に関しては親御さんの間でよく話し合って、できるだけ正確な情報を得て的確に対処していただきたいと思います。

○、過保護にしたりあまやかす必要はありませんが、どもるこどもに言い直しをさせたり、「ゆっくりしゃべりなさい」などと注意することは厳禁ですね。
早口が気になるのならば家族で楽しく歌を歌ったり、本をゆっくりと一緒に読むのはどうでしょうか?
○、どもりについてフランクに話せる環境をつくる。
「今日学校で大きくどもっちゃって恥ずかしかった」などと気楽に話せる家庭ができればベストですね。

 

 本当は、そういう環境のもとに、カウンセリングや相談に、また、必要に応じて言語訓練が受けられるように、街のなかにどもりの臨床に通じた「言語聴覚士」や臨床心理士、精神科医がいればよいのですが、・・・いまのところ夢のような話です。 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中