吃音と就職(その1)

前回から続きます。
学校生活・学生生活も後半になると「就職」を考えるときとなります。
なかには、高校や大学(大学院)、専門学校に入る前や入った直後から計画的に準備している人も多いと思います。
中学・高校時代から目標がはっきりしていて仕事に直結する大学(院)や学部、専門学校を目指す人、
大学や専門学校に入ってからも遊んでいないで、ダブルスクールで語学を磨き各種資格を取り、希望の職種や会社に入るために計画的な生活を送る人もいるでしょう。
公務員を目指して入学直後から通信教育などで計画的に勉強する人もいるでしょう。
アルバイトをするにしても、将来就きたい職業を意識しながら、それに近い職種や会社でアルバイトをする方もいます。(そのまま就職する人もいます。)

今回は、どもりをもっている学生、それもごく軽いどもりではなくて、
たとえば、人と向かい合って直接または電話で、自分の名前が言えないか言えるまでにかなりどもる(繰り返す、はじめの言葉が出ない)ような、ある意味で平均的な「ある程度以上の重さの吃音者」(比較的軽いという範疇です)の就職についてです。

さて、目的がはっきりした上での進学の場合はもちろん、そうでない場合も含めて「どもること」は就職に深刻な影響を与える場合があります。
親の庇護下にある学生時代はとは違い、社会人になるということは金銭的に独立するということです。
生きて行くのに十分な金額を継続的に稼げる仕事に就けてはじめて自分も安心しますし、家族も安心するでしょう。
そういう生活ができるようになって結婚も考えられるようになります。
*このあたりの安心がすっかりなくなってしまったのがいまの日本です。
国民の多くが期待して民主党に投票したのですが、このざま。特に総理の無能さにはあきれてしまいます。
このブログは政治問題を扱うところではありませんので詳しくは書きませんが、おとなしい日本人もそろそろ怒らないと大変なことになります。(もうなってますね。)

中学生くらいから「自分はどもるから」と自分なりに考えて、または、どもる我が子の将来を心配して・・・
できるだけ言葉を使わない(と思われる)エンジニアや、民間企業と比べれば身分も安定していて仕事も楽そうな公務員(地方公務員あたりか)を目指そうと勉強をがんばってきた。(がんばらせてきた)
これは、ある程度は「正解」ですね。

でも、実際に仕事に就いてみると、しゃべることが少ないと思っていたエンジニアでも、そうでないことに気づきます。
社内外の関係者との言葉による(電話、直接)やりとりは思ったよりも頻繁にあります。メールによるやりとりだけでは仕事は進みません。
公務員でもそうでしょう。民間企業の一線で厳しい仕事をしていた人が地方公務員などに転ずれば楽に感じることは多いでしょうが、初めての就職で公務員になっても、その人にとっては初めての職場ですから、職場内外のやりとりや電話などは耐え難いものと感じられ、大きなストレスとともに「こんなはずではなかった」と思うかもしれません。

*、清水の舞台から飛び降りるような気持ちで就職してみたら、最初こそ大変だったが、笑われながらどもりながらも一生懸命に働いているうちに少しずつ慣れてきて、しばらくすると言葉の流暢性も改善されてどもらない人と肩を並べて業務がこなせるようになる人も少なからずいます。こんなことから、吃音者の会合などで「どもりの克服談を声高に語る人」が出てくるのでしょう。
しかし、私自身も体験していますが、「よくなった」と安心していたところに、ある日突然どもりが復活し結果的にその会社にいられなくなる・・・ということも十分にあり得るのが摩訶不思議な「どもりの世界」です。

それでは、学生が就職するに際してどのような心積もりで望んだらよいのでしょう?
以下の2通りで考えていきます。
1,自分のもともとからの希望・目標を達成するために、どもりのことはあまり考慮せずに苦労覚悟でひたすら進んでみる。
2,自分の言葉の限界を現実的に考えて無理なくつとまる仕事(稼げる金額が少ないか、自分の希望とは全く関係のないような仕事でも)を自分で探すか、誰かに紹介してもらう。

次回に続きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中