現在の日本で、吃音を持ちながら苦労している方々に対してのプラクティカルなサポートがあるのか?(再掲載一部改編:2008年8月)

 私が「どもり」で悩みまくりの少年~青年だった70年代中頃後半から、大学卒業後に就職の失敗し、引きこもりうつ病を経て、なんとか就職できてサラリーマン(営業マン)としてもがきながら生きた80年代末から90年代…

 当時(70年代~90年代)、どもりで悩んでいる私をサポートする体制は私の手の届くところには存在していなかった。
(当時も「言友会」などのセルフヘルプグループは存在していたはずですが、インターネットがなかった当時にその存在を知る方法はほとんどなかったということと、たとえ知っていたとしても、なかなかセルフヘルプグループの戸をたたくことはできなかったでしょう。

 手に届くところに唯一あったものは、民間の「どもり矯正所」。(いまも、この状況は似たようなものです。)
 子供の頃から、街中の電信柱の広告やマンガ本の裏表紙などに小さく宣伝記事が載っていて、気にはなっていた存在です。
 子供の頃からのどもりの苦しみも家族には理解されず、大卒後も就職できず、ひとりで突っ張って生きてきた自分の心が燃え尽きたかのようにぷっつりと折れて、20歳代中ごろにもなってうつ状態になりひきこもっていた私がやっとの思いで通いだしたのは民間のどもり矯正所でした。

 そこでの訓練は、医学にも心理学にも素人の私にさえわかるほど「子供だまし」でした。
 しかし、そこには、「どもりの友人」ができる環境がありました。
 10人くらい入る教室で、同じ「どもり」という悩みを持った人が全国から集まるわけだから、自然と友達になり、話しあったり、飲みに行ったり・・・・・
 それで私は救われました。自殺せずに、この世に踏みとどまることができました。

 現在、かつての私と同じような立場に置かれている人はどうしているのでしょうか?
今では、インターネットでセルフヘルプグループの存在も知ることができるし、いろいろな人のどもりに対する思いや経験談を見ることができる。便利な時代になったものです。

 特に、ここ数年は、「ブログ」で、誰もが簡単に自分の考えや経験を世界中に発信できるようになりましたので、かつてはどもりの友人どうしでも親しくなってから飲みながら話したような深い話に、(場合によっては)ネット上で接することができるようになりました。

 しかし、どもりの人を取り囲む客観状況、特に就職に関することについては、私が悩んだ70年代後半~90年代半ば頃よりも遙かに悪くなっています。

 それは、バブル崩壊後、そしてリーマンショック後の就職事情の劇的変化・・・、

 最近では、2008年の秋頃までは就職状況の改善がいわれてきましたが、それでも「選ばれた人」が正社員として就職できる時代となっていました。そして、リーマンショック後は就職そのものが極めて難しい状況となっています。

 社会が、急速に進んだIT化とは裏腹に、「言葉による高度なコミュニケーション」をますます重視していること。
それは何を意味するかというと、(ある程度以上の重い)どもりでは、他の能力は高くとも正社員として(それなりの企業)に就職できにくくなったことです。
 アルバイトで時給1000円くらいの給与を得ていても、社会保険もつかないし、いくつになっても親の庇護下の生活しかできず、結婚はできません。

 一般の民間会社は、採用する際に、実務に支障が出なければ、つまり他の社員と同じ結果を出すような人ならば、「どもろうがどもるまいが」それほど気にしないでしょう。
 しかし、(かつての私のように)、どもりで悩んでいる人というのは「ある程度以上重いどもりで生活に支障が出ている」から悩んでいるのです。

 学生時代に日常生活レベルで、つまり友達に電話をするくらいの簡単な電話や、人に道を聞くくらいの会話でも支障が出るくらいの重さのどもりであった場合には、就職したとしても日常の業務に大きな支障が出てくることは間違いありません。
 このような状態で、たとえ、強力なコネを使い就職したとしても、新人研修でパニックになり会社に足が向かなくなるかもしれません。

 家庭的に裕福で、学校を出てもしばらくは就職しなくても良い環境でものを考えられるような立場にいたり、専門学校などに通わせてもらい、資格を取れるようなモラトリアムが与えられる人、
 就職についても、いわゆるコネで言葉を使わなくても良い(言葉を使うことが仕事の主要な部分でない)仕事に就けるような環境に居る方は良いかもしれませんが、多くの方はそのような恵まれた環境にはありません。
(かつての私のような)そのような人たちの問題こそ、どもりの問題の中核です。

 このような「現実」に対して、誠実に、そしてプラクティカル対処していかないと、どんな哲学的な言葉を掲げたとしても、なんの救いにもなりません。

  長期的な視野で考えたときには医学部での本格的な治療研究が必要で、何十年後かに最終目標を設定し基礎研究から計画的に行なって行く必要性があるでしょうし、
 短期的に見たときには、「どもりで就職できない人」、や、「引きこもりになっている人」、などに対して、心理カウンセリングや就職指導を行なうことや、また、希望があれば現在できる最良の言語療法を受けることができるようにするべきです。

広告

現在の日本で、吃音を持ちながら苦労している方々に対してのプラクティカルなサポートがあるのか?(再掲載一部改編:2008年8月)」への2件のフィードバック

  1. 管理人です。吃音は、症状、重さ、バックボーン(家庭の経済力、育つときの環境、理解度など)によってかなりの個人差が出てきます。やはり多くの民族が混ざって住んでいる外国の場合は、コミュニケーション障害、の問題はあらゆる場面で出てきますので、研究も盛んで、取り組みも本気なのでしょう。(日本もこの頃はいろいろな国の方が増えてきましたが、まだ、日本人自身にその自覚がないのでしょう)

  2. 普通に生きていても情報がありませんから吃音者はどこにサポートを求めればいいのかわかりませんよね。民間の矯正教室ばかりがめだって結局民間まかせになっている気がします。心理ドックもやはり所詮は営利組織なので、利益が出ないことはしませんし、また自分の商売に都合が悪い情報は意図的に隠すということをやってますからね。アメリカやヨーロッパでかりに研究が進んでいるのならば、その成果を導入すればいいのにと思います。本格的に矯正、緩和システムが確立すれば優秀な人材をより活用できるはずです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中