ドイツの吃音事情

 古くからの友人に教えてもらって見た昨日の夜7:45よりNHKの教育TVで、ドイツZDF放送制作の「吃音の少年が吃音のセミナーに通う前後を描いた」ドキュメンタリーが放送されました。(15分間)

 後日詳しく書きますが簡単に感想を書いておきますと、・・・・・
日本に戦前からある民間の無資格矯正所と同じような「治療?」や「カウンセリング」が行われているようで、いろいろな面で「印象的」でした。

 女性の先生が、人体標本のなかの横隔膜を受講生に見せながら、「どのように横隔膜をコントロールすれば吃音が治るか」を熱く語っていて、厳しい訓練をさせている様子が描かれていました。

 このドイツの15分番組をもって「ドイツの吃音事情はこうだ!」などとは判断はできませんが、一断面ではあるだけに・・・・

 日本では「脳科学」などという言葉がブームになっていますが、21世紀初頭の人類はまだこれくらいのレベルなんだな、と実感した次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中