吃音をどのように分析して、良い方向に持って行くか(2008年08月改編)

 今回は2008年8月に書いた「自分のどもりを分析する」を見直して付け加える形で、
「どもりの症状に対して自分なりにどのようにアプローチしていけば良い方向に進んでいけるか」を「自分のどもりを分析してみる」という方法でさらに考えてみたいと思います。

○、自分のどもりを録音・録画してみること
まずは、自分のどもり方を見たり聞いたりして、自分の「どもり」の実態を知るというところから・・・・・

 吃音者にとって自分がどもっているところを映像や音声で客観的に見たり聞いたりすることはとても勇気のいることです。
例えば、それらの映像を皆の前で見せられることには、抵抗をする方が多いのではないかと思います。
 それほど、「恥ずかしい」、「人には知られたくない」、という気持ちが強いのがどもりの特徴です。それらの感情は、子供の頃からのまわりの人の評価や対応からできあがってくるものですが、無理して「気にしない」などと思おうとすること自体不自然で、何らかの訓練で「気にしなくなる」ような効率的な方法はありません。
 長い間の苦労を経て、諦観(あきらめ)の境地に達してはじめて、自分のどもりをあまり気にしないで生きていけるようになるものかも知れません。

 録画や録音を見たり聞いたりして、
「ここまで自分がどもっているとは思わなかった」とショックを受ける方が結構いらっしゃいます。

 携帯用の音声レコーダーはますます高性能化小型化してボールペンの形のものまで出ていますし、ビデオカメラもさらに小型化しメモリーに保存できるものが1万円台から売られています。
 それらを使えば、日常のなかでどのようにどもっているかを客観的に見たり聞いたりすることができます。

 いざ、客観的に自分のどもりを見たり聞いたりしてみると、
「自分がいかにどもるべくしてどもっているか」ということが実感されます。
 ことばのリズムもテンポも大きく乱れて、画像を見ると、体には入らなくても良いところに力が入りまくっている。
 これらは、小さな頃からのつらい経験の繰り返しから自分を守るために無意識下で行われてきた「精一杯の自己防御反応」と見れば良いのでしょう。

 どのように見たり聞いたりしても、
「これじゃあ、どもるだろう」いというような無理な話し方や姿勢をしていることがわかります。

 その背景には、次にふれる「症状の背後に潜む心理的な問題」があると思います。
(本当は、公立や私立の病院やそれらに付属するリハビリ施設が、医学的な根拠にもとずくカウンセリング、言語訓練や投薬で、軽くできたり治せたりできれば良いのですが、それができないのが現状ですね。
 このあたりは皆さんも(身にしみて)ご承知のことと思います。)

 しかし、矛盾するようですが、
 戦前から続いている民間無資格どもり矯正所の、例えば「音を引きながら発音する」とか「呼吸法を工夫する」などの民間療法で、吃音の症状が緩和されるケースも(比較的軽い吃音症状の場合)実際にあり、それにより人生が開けてきた方が大勢いらっしゃるので、それらの事実がどもりの問題をより複雑化させているのです。

○、どもりの症状の背後に潜む心理的な問題

いままでのどもり歴
 いままで何年・何十年とどもり続けているわけですから、
「どもりたくない」という心の底には、常に、「私は次も、どもってしまうに違いない・・・」というような「負の確信」がしっかりとできています。

 それらの心の問題に対して行動療法などの心理的なアプローチで対処していくことは、本を読む限りはいかにも効果的で魅力的ですが、実際にはそれほど簡単ではありませんし、努力の結果が直線的に出てくるものではありません。

 また、吃音者に対して心理療法を保険適用で長期にわたって行ってくれるような病院を見つけることは至難の業(事実上ない?)でしょうが、
大学の先生がサークル的に行っている場合があるので、インターネットを使って調べてみるのも良いと思います。
 また、本屋さんや図書館で大学や研究所などの心理療法の先生の著書に触れて、「この先生ならば」という先生が見つかったら直接に連絡を取り、個人的にお世話になるのも良いのではないかと思います。

柔軟な思考の停止
 第三者がどもりの人のどもり方を聞いて「こうすれば良いのに」と思うことがあります。

「もう少しゆっくりとしゃべったら」、
「しゃべりだしが慌てすぎている」・・・・
などと、第三者から見てみるとよくわかることがあるのです。

 時には、それらの言葉にも、耳を貸すことも必要です。

 どもりの人は、子供の頃からの言葉では表現できないような苦労が度重なって「意固地」になっている場合があります。
 その結果としてどもりに対する考え方が単調になり柔軟性に欠けていて場合があります。柔軟性に欠けた心には良い考えは浮かびません。
(前提として、どもりの人とアドバイスする側にしっかりとした信頼関係が必要なことはいうまでもありません。)


○、(精神科医・臨床心理士・言語聴覚士などの)既存の「専門家」を使いこなす

 国内の精神科医・臨床心理士、そして、いちばんの専門家であるはずの言語聴覚士でさえも、大学や養成校などで、どもりの臨床訓練(特に成人以降の)に割かれる時間はわずかでしょうし、成人については経験がないかも知れません。
 また、アメリカのような(組織的な)カウンセリング体制も治療体制もありません。

 それでは彼らは役に立たないかというとそんなことはありません。
どもりの人の方で、彼らを上手に利用すればよいのです。
 たとえば、どもりでとことん悩んで「いっそ死んでしまいたい」などと、うつ状態にまでなっているのでしたら、迷わず精神科や神経科を訪ねましょう。

 そして、精神科医や臨床心理士に自分の症状や心持ちをできるだけ詳しく説明します。
 どもりでうまく説明できなければ、日々の思ったことや症状などをノートに書き留めておけば役にたつでしょう。
 そうすれば、彼らは「どもりについては知識がなくても」心の専門家ですから、彼らの専門領域からのアプローチで、できるだけの援助をしてくれます。

 以上を踏まえて、さらに、
先日書いたような「小さなセルフヘルプグループ」を立ち上げて、仲間でいろいろとトライしてみると良いのではないかと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中